四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

11月 25日

Perfume World Tour 1st

11月24日、昨日の話ですが、「Perfume World Tour 1st」のシンガポール公演を見てきました。と言っても、映画館でのライビューイングです。シンガポールはよく行くのであわよくばと思いつつ、残念ながら日程があいませんでした。シンガポール在住のPerfumeファンのLinちゃんとこの前お話をした時、彼女も会場が小さいので、申し込みに落ちて、チケット入手できなーいと嘆いていました。「ヤフオクとかは?」と訊くとそんなのないと・・・



映画館で生中継って正直どうなんだろうと思いつつ、物は試し的に見に行きました。 音響はあまり低音が響かず小さめでそこは物足りなかったですが、 海外での反応を知るという点で十分楽しめました。気になるのは、言葉の壁。やはり、あ〜ちゃんの力量と云いましょか、観客に通訳(日本語➡シングリッシュ)を依頼したりして、英語・日本語を交えながら、コミュニケーションは見事に成り立っていました。

我田引水となりますが、2008年に「Perfume対談〜グラミー賞への道」という記事を書きました。世界に認められないとダメだとは言いませんが、世界に認められることはやはり意義があります。認められるとまで言わなくても、面白がってもらったらいい。僕自身もこのブログをやっていて、日本以外の音楽的にまだ世界的に認知されていなけど、面白いと思える人たちを知ってもらいたい・・・そこにちょっと意義を感じています。

Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD(初回限定盤)(DVD付)Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD(初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:Perfume
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
(2012-09-12)
販売元:Amazon.co.jp


K-POPがアジア諸国で流れ、PSYの「江南スタイル」が世界的なヒットとなりました。自分の中にはそれほど民族主義者的なところはないと思っていましたが、やっぱりちょっと悔しい。Perfumeや同じくWorld Tour宣言をしたきゃりーぱみゅぱみゅには、そこそこのチャンスがあるとふんでいます。頑張ってください!

あ、久しぶりに真面目な事を書きました。
11月 24日

ソ連ポップはフレンチポップとなり、今見事にリメイク!

前回紹介したSPANKERSがリミックスをしていた事から偶然発見したんですが、僕の好きなセンスなので紹介します。オランダのWTF!の「Da Bop」。WTF!とは「What The Fuck!」という意味のスラングだと思われます。

Da BopDa Bop
アーティスト:Wtf
販売元:Kontor
(2012-06-12)
販売元:Amazon.co.jp


モノクロームでレトロな映像。モチーフはソ連っぽく、ロシア語で歌っています。オランダのチャートにも入った小ヒット。



これは元ネタがあって、それが渋い。1965年、ソ連時代に流行ったエディータ・ピエーハ(Эдита Пьеха)の「Наш сосед(うちのお隣さん)」という曲。ロシアでは有名な曲らしく、ロシアのおねえちゃん三人組、Fabrica(Фабрика)もカヴァーしています。



tenshinorakugaki日本では、 ダニエル・ビダル(Daniele Vidal)が1969年にカヴァーしたフレンチポップ版「天使のらくがき (Aime Ceux Qui T'aiment)」の方が知られているでしょう。日本語ヴァージョンを聴いていただきましょう。でも、歌詞はオリジナルからかけ離れた内容。

11月 23日

Everyone's A DJ〜みんなDJの時代

SPANKERSは、パオロ・オルテリとルーク・デグリーからなるイタリア出身のDJ。『恋のマイアヒ』を大ヒットさせたと自負するavexがちゃんと日本盤と日本公式サイトも作っていますが、どれほど日本で知名度があるでしょう?

スリーシックスファイヴスリーシックスファイヴ
アーティスト:スパンカーズ
販売元:avex trax
(2012-06-20)
販売元:Amazon.co.jp


avexは、2010年にヒットした「Sex On The Beach(恋のセックス・オン・ザ・ビーチ)」の方に押しているようです。しかし、昇天ソングって・・・Sak Noelの「Loca People」とかそういう系統ですかね。



everyoneisadj僕が注目したいのは、こっち。「Everyone’s A DJ(みんなDJのうた)」。基本的に延々と「○○はDJ」と唱えているんですが、クリップの出来がいい! ゴーストバスターならぬDJバスターが乱造されるDJを退治します。2 many dj’sな時代、あながちフィクションではないですね。いや、退治までされないでしょうが・・・

11月 17日

世界を席巻する「江南スタイル」は、どうして日本ではそれほどうけないのか?

本当はもっと早くに書くべきだったのですが、PSY(本名:パク・ジェサン)の「江南スタイル(Gangnam Style)」は、世界中を席巻していますね。韓国初の世界規模の大ヒット。英国も含めヨーロッパの殆どの国で1位、他国(英国を除いて)の楽曲がヒットするハードルが高いアメリカでも、ビルボード2位という快挙です。YouTubeでは再生回数7億回を突破。



この曲がどうしてここまでの大ヒットになったかについては、海外も含めていろんなところで書かれています。列挙してみるとこんな感じ。

○LMFAOなどの流行のEDM的パーティーサウンド
○K-POP的リフを駆使した中毒性
○真似したくなる馬ダンス
○ユーモアに富んだ完成度が高いクリップ
○YouTubeという媒体、その加速効果
○著名ミュージシャンによる拡散効果
○パロディーによる拡散効果
○アメリカのメディアにも対応できるPSYの語学力
○エンターテイメント産業輸出を国策とする韓国

根底にPSYの動画も含めた楽曲の力があり、上に挙げた特性が複合的に加速要因となったと考えますが、英語圏にいないアーティストの場合、Lady GagaやMaroon 5がヒットするようなものではなく、別の特殊要素が必要ではないかと。PSYがある意味、わかりやすい韓国男性ステレオタイプとして(ここで動画は重要)、「Gangnam Style」という「意味が分からない外国語」を歌う異文化の雰囲気(エキゾチズム)を西洋人にも分かるレベルで表現したというのが、大きいと僕は考えます。

これは、K-POPが流行っている日本で、この曲があまり流行っていない(現在のところ)理由にもなると考えます。日本であまりプロモーションをしていない、日本語版がないとかいう理由もあるのでしょうが(領土問題による両国の緊張が理由というのには僕は否定的です)、日本で流行っている主流のK-POPの人たちは、東方神起、超新星、KARA、少女時代など美男美女指向のアイドル的存在。曲が好きというのもあるでしょうが、誰々が好きというのが大きな購入動機になっていると思われます。その点では、PSYは枠外。また、「Gangnam Style」からのエキゾチズムは、日本人にはその近距離感からも訴求力が弱いのかと。

ちなみに、僕は好きですよ。オリジナルも良いけど、特に、featuring 4minuteのキム・ヒョナ ver.「お兄さんはぴったり私のスタイル」(笑)。



Gangnam Style (Single - Enhanced CD)Gangnam Style (Single - Enhanced CD)
アーティスト:Psy
販売元:Bertus
(2012-11-06)
販売元:Amazon.co.jp


ODINA Vol.10 ~2012年K-POP10大事件~PSY MYNAMEODINA Vol.10 ~2012年K-POP10大事件~PSY MYNAME
販売元:エイチ・シー・ピー
(2012-11-29)
販売元:Amazon.co.jp
11月 11日

イーアル ! キョンシー、9nineがFUNKOTに挑戦!

Tokyo Coolest Soundをやっているパトリックさんに「 四方さんっぽいネタ」として教えてもらったのですが、9nine(ナインナインではなく、ただナインと読む)の『イーアル ! キョンシー feat. 好好! キョンシーガール』を紹介。テレビ東京系列ドラマ「好好!キョンシーガール〜東京電視台戦記〜」の主題歌です。

キョンシーと言えば、その昔、ドラマ「来来!キョンシーズ」の主題歌として秋山絵美が歌った『キョンシー!!』は、松本=細野作のテクノ歌謡。「イーアル ! キョンシー」は、インドネシアの高速ダンスミュージック、FUNKY KOTA(現在はFUNKOTと呼ばれる事が多い)アレンジ。日本のFUNKOTの第1人者(第2人者はいるのか?)、高野政所によるもの。Saori@destinyやPerfumeのFUNKOTリミックスのようなものはありましたが、ガチのアイドルとしては確かに初めてのFUNKOTというのが貴重。



買うのなら、ジャケ的にもリミックス的(「イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール Ver. FUNKOT ASLI」収録)にも初回生産限定盤B(キョンシー盤)をお勧めします。

イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール/Brave(初回生産限定盤B)(キョンシー盤)(DVD付)イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール/Brave(初回生産限定盤B)(キョンシー盤)(DVD付)
アーティスト:9nine
販売元:SME
(2012-11-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


9nine(でも、現在は5人組)は、Perfumeのあ〜ちゃんの妹の西脇彩華ちゃんがいるので、名前は知っていました。付け加えれば、ドラマの主演をし、CMでも見たりする川島海荷ちゃんはどこかエキゾチックかわいい。ちなみに海荷ちゃんは、広末涼子の「MajiでKoiする5秒前」もカヴァーしています。

MajiでKoiする5秒前MajiでKoiする5秒前
アーティスト:Umika as Yamako
販売元:アニプレックス
(2010-07-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


11月 10日

g.u.のきゃりー効果?

昨日、クロアチアの日本大好き女子、エリE.(エリーと読む)ちゃんのインタヴュー記事(クロアチアのエリE.ちゃん〜私はヘンタイです)を載せましたが、彼女にPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅ、黒色すみれ、アーバンギャルドのミュージッククリップを見てもらい、その感想を訊いてみました。予想したとおり、全てに好反応。そして、やはり、きゃりーについてはもとから知っていたようで、「PONPONPON」は彼女を虜にして、皆に見せまくっていたようです。まだサンプルは少ないものの、外国人特に日本のサブカル好きには受けるきゃりーちゃんです。

きゃりーのサードシングル(「PONPONPON」はシングルCDとしてのリリースはなし)となる『ファッションモンスター』も『つけまつける』(7位)、『CANDY CANDY』(8位)に続き、5位といい位置につけました。

ファッションモンスター(通常盤/初回プレス分)ファッションモンスター(通常盤/初回プレス分)
アーティスト:きゃりーぱみゅぱみゅ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
(2012-10-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




この曲は、g.u.とのタイアップですが、先日ショップを覗いてみたところ、以前より活気がありました。正直、g.u.は設立当初、どうしょうもない感じのブランドでしたが、地道に立て直しを計り、きゃりー効果で低価格でありつつもオシャレ感を出そうとするブランドの意図にはぴったりだったのでしょう。もちろん、お客さんがみんなきゃりー予備軍のような感じではありませんでしたけど。UNIQLOに頼りすぎるファーストリテイリングとしては、なんとかg.u.を躍進させたいのかと。きゃりーちゃんの立ち位置を考えると、g.u.もUNIQLOのように世界展開した場合、そのまま使えそうでね、この手。
11月 3日

指名ちょうだい

ほとんど一発ネタの域なのですが、アジャリーヤ・ブッサバ(อาจารียา บุษบา)の「Katah Koh Jai(คาถาขอใจ)」のクリップです。ルクトゥーン系です。はい、何回聴いても、「指名ちょうだい」にしか聴こえません。

shimechodai




本当に「指名ちょうだい」と歌っていると思い込んでいたのですが、この元ネタは緑茶のCM「 新芽ちょうだい」! これでアジャリーヤのクリップに最初に緑の芋虫が出てきて、全体的に緑色だらけであることも合点が行きました。



10月 21日

ウクライナのエリカ様

日本でエリカ(Erika)と言えば、沢尻エリカ様です。実際に、歌手としてのエリカ様が僕は結構好きなんです。

erikaウクライナでエリカ(Erika)と言えば、Эрика様。キエフに行った際のお世話になったMoon Recordsに所属。

紹介したいクリップは、「Папарацци」。「Paparazzi」をロシア語表記した言葉です。はい、クリップを見なくても・・・想像がつく方もいるでしょう。少女時代ではなく、Gaga様の方です。クリップには明らかなGagaモチーフが出てくる確信犯。



「Смайлик (Smiley)」は、モータウン風のガールポップ。



erika-playboy現在はショートですが、お決まりのPLAYBOYの表紙では、ちょっとカイリーっぽい。
10月 20日

近未来型ヘアスタイル、Oksi

oksi-playboyロシア語の女性の名前は、例外無く“A”で終わると習ったのですが、例外もあるようです。調べてみると、最近は外国(ロシア語圏にとって)の影響で自由な名前をつける親もいるとか。芸名となるとさらに自由度があがるようです。以前もリー (Ри)を紹介しましたが、肉食系セクシー路線のOksiもそんな一人。

こちらは、中華エレクトロディスコ風「Made In China」(2011年)。本当に中国ロケにいったというより、映像をバックに作り上げたように僕には見えます。



「ЛЮБИТЬ ЗА ДВОИХ (Love for two)」では、大胆なOskiちゃん。近未来セクシーとでも言いましょうか・・・地球上の生物とは思えません。



このヘアスタイル、ちょっと見覚えがあると思ったら、「День без тебя」の登場したバイアグラ(Виа Гра)の三人と同系統ですね(笑)。


10月 19日

クロアチアより・・・日本大好きエリちゃん

クロアチアはこのブログでは初出場。クロアチアは、旧ユーゴスラビアに属していた6共和国のひとつ。現在、EU加盟を目指しています。ちなみにネクタイは、クロアチアの兵士が首に巻いていたスカーフが起源と言われています。

hentaiそんな解説がぶっ飛びそうななのが、 Eli E ft. Marinna Soulの「HENTAI」。Ella Dvornikという名義でも活動してきたEliちゃんは、カタカナで「エリ」とわざわざ書いていることもあり、かなりの日本通。お友達のMarinna Soul(Marina Zunic)と一緒に歌っています。ちなみに相方のMarinnaちゃんは、「クロアチアン・アイドル2005」で3位になっています。



Eliちゃんに訊いたところ・・・この曲は偶然に出来上がりました。Marinnaちゃんが初めてのミュージックビデオのための歌を必要としいた時に、Eliちゃんが一役買いました。歌詞(英語と日本語)、ビデオ・プロデュース、コスチューム、ヘア、メイク全て日本大好きのEliちゃんが担当。

外国人が歌う日本語ソングは数多くありますが、ここまでフリーキーなものを僕は知りません。デンマーク及び旧ユーゴスラビア圏ではそれなりの成功を収めており、ヘンタイ・エピデミック(変態伝染病)と呼ばれています。この件については、Eliちゃんにさらにインタヴューする予定です。
10月 18日

終始、泣きながら歌うFour-Mod

アジアの中で日本の除けば、タイの記事が最近増えて記事数では現在2位。自分でクリップを観たり、タイ在住(または元在住)の人たちから話を聞いて、T-POPからひとつのパターンが見えてきます。たぶん、それはタイ人の好みやタイの文化を反映しています。

○スーローなバラード系:このタイプで押しまくる人もいますが、一見そうでない人たちでもこの系統がリリースの中に定番として入ってきます。
○ドラマ仕立ての展開:泣かせるドラマが好き。悲劇、時には そこまでするかと言いたくなる絶望感が漂うものも多い。台詞が入るものもある。もちろん、女の涙は欠かせません。
○エンドロール:これは二つ目のポイントに関わる演出となっています。クリップの終盤では、まるで映画のようにエンドロールで終わるものが多々観られる。

こんなパターンにピッタリ当てはまるクリップを二つ紹介します。

theverylastminute一つ目は、Four-Modの新曲「คนดีนาทีสุดท้าย (The very last minute)」。始めから終わりまで、FourちゃんとModちゃんは泣きながら歌っています。女子が集団化して花束をもって不機嫌な顔をしており、かなり怖い・・・ 何かの儀式なのでしょうか?三角関係なのかどうかは分かりませんが、とにかくイケメンの男性は責められているようです。もちろん、エンドロールで終わります。



g20二つ目は、G-Twentyの「เรื่องเข้าใจผิด (Misunderstanding)」。11分を超える大作ですが、歌い始めるのは8分ちょっと前。彼氏の死を悼んでいるようです。これは、ミュージッククリップというより短編ドラマと言うべきでしょう。

10月 14日

現在謹慎中・・・・Girly Berry

最新クリップ「Featuring」では、セクシー度全開ターボチャージで、青臭いアイドルたちに「私たちの域に来るのには10年早い」と宣言している・・・と僕は勝手に感じています。皆さん、時を経て年をとったというより、いい女になっています。サウンド的には、FFKの「Loveholic」、KAT PATの「Kidnap」と並ぶエレクトロT-POPとなっています。こういう頑張るお姉さんたちを、「世界音楽旅行」は応援します。

featuring




こちらは、Girly Berryの二人、 Gybzy-GiftzaとWay Thaitaniumのコラボ作「 I Like That Boy」(2011年)です。クリップ中、二人は女ポリスの扮しています。しかしながら、実生活では皮肉なことに、Giftzaちゃんは、今年9月に飲酒運転で逮捕されてしまい、現在謹慎中・・・・



ちなみに残りの二人のメンバーも、Nannie-Belleとして、同じコラボ相手で「Need you right now)」をリリースしています。

10月 13日

タイ発セクシーアイドル、Girly Berry

タイのアイドルグループ数多く紹介してきましたが、今回紹介するGirly Berryは、デビューは2002年という10年以上のキャリアとなる老舗です。ウクライナのバイアグラに近いキャリアです(笑)。よってみなさん、アラサーに領域に入りつつありますが、セクシーアイドルとして君臨しているようです。なので、同じRS傘下でも、KamiKazeではなく、RS Promotionです。

gossip4人のメンバーは・・・
Giftza (Piya Pongkullapa)
Gybzy (Vanida Termthanaphorn)
Belle (Mananya Limsathian)
Nannie (Phattaranan Deeratsamee)
となります。初期のGirly Berryを見ると、ルックス的には日本のMAXのような感じもします。

こちらは、不思議なトライバル感が素敵な初期のヒット曲「Tum Tom (ตุ๊มต่อม)」(2004年)。



こちらは、「Gossip」(2005年)。Gaga様よりはやくパパラッチネタですが、これもヘンテコな曲。



次回は、最近のGirly Berryについて・・・
10月 10日

KATとPATでKAT PAT

久しぶりに、タイのアイドルレーベル、KamiKazeに戻りましょう。KAT PAT(แคทแพท)は、かわいいなぁと思いつつも、印象に残る曲が今まで無かったので、放置していましたが、「kidnap (รักพาตัว) 」で一皮むけた感があります。でも、物騒なタイトル(誘拐)ですね。Dub-Step的なアレンジもあり、エレクトロT-POPに仕上がっています。ちなみに曲はChamp、リミックスはPionとのクレジットがあります。



KamiKazeのアイドルにありがちな、チューレン(ニックネーム)をそのまま並べたグループ名です。同じKamiKazeのFaye Fang Kaewも Four-Modも同様。背が低い方がKATで、高い方(172cm)がPAT。

kidnap
10月 8日

ラオスの歌姫、アレブンの驚くべき変身

インドシナ半島、タイを中心に(ミャンマーもちょっとね)紹介してきましたが、タイの周辺国はどうなっているのだろうと調べてみた所、発見したのが、アレクサンドラ・ブンスアイ(Alexandra Bounxouei)。お父さんはラオス人ですが、お母さんはブルガリア人でエキゾチックなお顔立ち。どこで、どう、繋がったのでしょうかね。

日本でもそこそこ知名度があるようで(でも、知らなかった)、2008年から慶応大学に留学もしていました。 タイポップの次は、ラオポップ。

こちらは2007年くらいの曲「Bor hoo pen yung (บ่ฮู้เป็นหยัง)」。Weir (Sukollawat Kanarot)というタイの男性歌手と古典的に聴こえるラオ(もしくはタイ)演歌を歌っています。



ところが、2012年にリリースされた「My Radio」で、180度路線変更。まるで、アレクサンドラ・スタン。アレスタに対抗して、アレブンと呼ぶことにします。セクシーにワイルドに生まれ変わったアレブンもいい。

myradio
Alexandra Bounxouei
クチコミを見る


10月 7日

世界に広がる渋谷系、もちろんタイも=ピチカートXキリンジ

これまで世界中の渋谷系を紹介してきましたが、タイにもあります。もちろん、ここで言う渋谷系は必ずしも渋谷に結びつくとは限りませんし、渋谷系と呼ばれた人たちがルーツとした音楽の同様に影響を受けただけの場合もあります。でも、たぶん、渋谷系が好きな人は多分好きだろうと思われる音楽です。サウンドも重要ですが、デザイン、ファッションも重要な要素となります。

タイの渋谷系と呼ばれるのが、La Ong Fong。タイ人に訊いてみると、皆が知っているレベルではなく、音楽好きの人は知っているという感じでした。活動歴は長く、1996年にアルバム『Volume 1』でデビューし、2011年に『Wind-Up City』で6年ぶりに4枚目をリリースし、ファンを喜ばせました。

Wind Up City [CD]Wind Up City [CD]
アーティスト:La Ong Fong
販売元:Spicydisc / GMM
(2011-05-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


PVを二つ紹介します。
「Arai (What?)」は、サウンド的にもヴィジュアル的にもピチカート系まっしぐら。



「Ruk Perd Puey (Openly Love)」は、ちょっとキリンジっぽくて素敵。PVはコミカルですが、おしゃれさも兼ね備え、日産のPAOがPVに登場するのが個人的に嬉しかったりする。

10月 6日

千手観音になったヴィンテージのアンナ

anechka既に何回か紹介している何気にセクシーなヴィンテージ(Винтаж)に登場してもらいます。

タイトルからは想像できないのですが、「Деревья (Trees)」(2011年)は、ロシアのセンサーシップに引っかかりました。ちょっと中東っぽいメロディーに神憑ったアンナ・プレトゥニフ(Анна Плетнев)ちゃんは、千手観音になります。全体的に、カイリー・ミノーグの「All The Lovers」っぽい(笑)。でも、妊婦になっているのは・・・えっ、知らない間にそんなことになっていたのでしょうか?



「На-На-На」(2012年)は、現時点では最新作となるロシアのDJ、Bobinaとのコラボ。コサックらしき男性ダンサー、ウクライナの民族衣装を着た女性ダンサー、なんでロシア人なのにウクライナなのと不思議に感じ、ロシア語の先生(ウクライナ人)に質問してみました。すると、確かにロシアのグループであるにも関わらず、モチーフはウクライナ。でも、先生も理由が分からない・・・そして、何故にアンナちゃんは、牛の乳をセクシーにしぼるのか?

10月 3日

近未来になって帰ってきたウクライナ女軍

proetomamamusic CEOのユリィ・ニキティン氏にインタヴューした時、アルミヤー(А.Р.М.И.Я)とHollywood FMは活動をやめた訳ではないけど、mamamusicから離れたと聞きました。

アルミヤー(“軍”と意味ですね)は、現在NikitAで活動するユーリャ・カヴタラヂャエ(Юлия Кавтарадзе)がいたグループ。ファーストアルバムのジャケの一番右にいるのが、ユーリャです。

チリ出身(スウェーデンに住んでいるらしいけど)のDJ Mendezとのコラボで作った「Люби меня (Love me)」(2011年)が、mamamusicとしては最後の曲のようです。スポーツがコンセプトの要素であるグループですから、馬も乗りこなせるようです。



mamamusicを離れたアルミヤー、どうなることかと心配したのですが、クリップを公開したばかりの「Я Клянусь (I swear)」(2012年)を見て、ちょっと安心(笑)。近未来的イルミネーションもかっこいい。尼さんのような全身タイツに、金粉ヌードと相変わらず趣向を凝らしています。

9月 30日

NikitAに会ってきました!

7月20日から7月27日まで、ウクライナの首都キエフに行ってきました。この旅行を計画するにあたって、僕が実現させたかったのは、ウクライナポップのアーティストたちへの取材。もちろん、僕にはウクライナ・コネクションなるものはありません。なければ、自分で作るしかないと、僕の好きなアーティストがいるmamamusicとMoon Recordsにメールをしてみたところ、なかなかの好感触。日本人としては、どうやら僕が初取材をしたようです。

avocado1ウクライナのセクシーエレクトロポップ・ユニットとして孤軍奮闘するNikitAは、数あるアーティストの中でも、会いたかった人たち。結成時は、ダーシャ・アスタフエヴァ(Даша Астафьева) とアルミヤー(А.Р.М.И.Я)の元メンバーだったユーリャ・カヴタラヂャエ(Юлия Кавтарадзе)と二人だったNikitA。現在は、ダーシャを中心に新加入のアナスタシヤ・クメイコ(Анастасия Кумейко)とЮлия Бричковская(ユーリャ・ブリチコフスカヤ)の3人になっています。よって、Dasha Astafieva & NikitAと表記されることもあります。

3人体制での最初の曲は、「Avocado」。

AvocadoAvocado
販売元:mamamusic
(2012-08-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


こちらがティーザー。いたずらっこNikitA。



クリップはロシア語版と英語版がありますが、英語版を紹介しておきます。アボガド・ダンス!



僕がキエフに行く前に、ダーシャが丸坊主になったのを知り、なんでだろうと思っていたのですが、このクリップに秘密が隠されています。さらに詳しい話は、All Aboutのインタヴューをぜひ読んでください。

セクシーなだけではないNikitAにインタヴュー (All Aboutテクノポップ)
9月 29日

羽まつける〜アインシュタイン・ガールズ

性懲りも無く、 アインシュタイン・ガールズ(Девушки Эйнштейна)の続きと行きましょう。

彼女たちの第2弾クリップは、「Балерины (Ballerina)」。はい、みなさん、白鳥の湖のようなバレリーナの格好。羽根のようなつけまつげをしています。娘にきゃりーぱみゅぱみゅもしていたと教えてもらいましたが、全世界的にこの羽まつける、流行っているのでしょうかね。



ChinkongというDJとのコラボ曲「Дискотека」では、ラッパーになって、暴れまくっています。



livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード