四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

2011年03月

3月 9日

ウクライナ版ブリトニーは超美人

viva前回のチーナ・カローリ(Tina Karol)が、「ウクライナで一番美しい女性」に選ばれたとの話をしましたが、これがその時の表紙です。見ても分かりますように、彼女は妊娠中です。彼女のプロデューサーそして夫となった、ユージン・オリガ(Eugene Ogira)との間に2008年に子供を産みました。NikitAのユリアが妊娠した時に話を以前しましたが、ウクライナでは美しいお母さんは頑張ります。

ディスコグラフィー的には、妊娠前にリリースしたのが、アルバム『Полюс притяжения (Attraction Pole) 』(2007年)。このジャケに写るチーナは、中途半端でない美人度です。ウクライナのブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)と呼ばれる事もあるらしいですが、美人度においてはチーナちゃんに軍配が上がるでしょう(ブリちゃんが可愛くないという意味では決してありません)。

polyusprityayeniya


出産後の初アルバムとなった『9 жизней (9 Lives)』(2010年)でもチーナの勢いは衰えません。

9zhizney


「Не бойся (Don’t Be Araid)」では、ちょっと落ち着いた感じもするチーナですが、健康的なエロスとでも言いましょうか・・・ブリトニーというよりも年齢的には上ですが、カイリー・ミノーグを目指して欲しいです。



サウンド的にも、モチーフ的にも好きな曲が「Radio Baby」。なかなかオーセンティックとも言えるヴォコーダー混じりのディスコ・サウンドに乗せて、壁一面に敷き詰められたラジカセをバックに踊っています。



チーナは歌って踊れるセクシー超美人。ウクライナはやはり層が厚い。
3月 6日

ウクライナで一番美しい女性の大胆なPV

本日紹介するのは、チーナ・カーロリ。ロシア語表記で「Тина Кароль」。ラテン文字表記で「Tina Karol」となっているので、「ティナ・キャロル」とカタカナ表記してしまいそうですが、「チーナ・カーロリ」が一番原語に近い表記となります。

現在26歳のチーナは、ロシア生まれですが、ユダヤ系のウクライナ人で、6歳の時にロシアからウクライナに移住したそうです。ちなみにユーリヤ・ティモシェンコ元首相もユダヤ系血筋と言われています。チーナは個人的にもティモシェンコ氏と親しいようです。チーナは小さな頃からコンテスト等で活躍し、2005年にはウクライナの軍の任務により平和調停のためイラクやコソヴォに派遣されています。

正式なデビュー・アルバムは、『Show Me Your Love』(2006年)で、タイトル曲のシングルはウクライナで1位となりました。

showmeyourlove


このタイトル曲で2006年度のEuro Vision Contestのウクライナ代表として出場し、7位に入賞。この時の映像です。



同じ年に2枚目のアルバム『Ноченька (Sweet Night)』(2006年)をリリース。

nochenka


タイトル曲「Ноченька」はバラード曲で、脈絡は分からないのですが、見えそうで見えない大胆かつ美しいセミヌードを披露。ちなみにチーナは、2008年に「VIVA!」誌によって「ウクライナで一番美しい女性」に選ばれています。確かに選ばれるだけある愛くるしい女性だと思います。

3月 5日

ウクライナの叶姉妹?

ウクライナのエレクトロクラッシュ・ユニット、KAMON!!!についての続きです。

KAMON!!!のメンバーの名前は、Ksyusha KosmosとAlisa Kosmos(近未来な苗字!)となっており、姉妹ということになっていますが、これは叶姉妹のような偽装姉妹ではないかと疑っています。だって、二人はあんまり似ていないし・・・

「Брюнетка(Brunette)」は、「Blue Monday」的シークエンサーで出来上がった典型的なエレクトロディスコ! Alisaの方が美形、Ksyushaは個性的で、ウクライナ版ニナ・ハーゲンです。PVでは、二人は赤いバットを振り回し、女性たちがキャットファイト!



「Метросексуал(Metrosexual)」もエレクトロディスコですが、PVではタイトル通りメトロセクシャルな男性陣(ちょっと女性も)が登場。ウクライナのPVに男性が登場すると、何故かパンツ一枚になっている事が多いと思うのは僕だけでしょうか?



KAMON!!!のヴィジュアルはウクライナですからセクシーな部分もありますが、それ以上にキッチュさに溢れています。
3月 4日

エレクトロクラッシュ、KAMON!!!

kamonウクライナのポップミュージック界、芸能臭が強く、あまりアンダーグラウンドやアートの方向性を押しだした人達がいません。特に女性アーティストやユニットの場合、その傾向は顕著です。それはそれでいいのですが、KAMON!!!というウクライナにしては風変わりな二人組がいます。デビュー・アルバムは、『Каблы, KAMON!!! (Kably, KAMON!!! )』(2010年)。

ウクライナについて調べていくと、有力と思われるレーベルがいくつかあります。mamamusic、MOON RECORDS、Lavinaなど・・・ KAMON!!!はウクライナのLavinaからデビューしましたが、Lavinaには他にも既に紹介したアーシア・アハト、元バイアグラのアリョーナ・ヴィーニツカヤ、後日紹介する予定のチーナ・カーロリや他ロックバンド系のアーティストも所属しています。

Lavinaのディレクター、Edward KlimはKAMON!!!について以下のように言っています。

ガールグループをプロデュースつもりはなかった。でも、KAMON!!!は彼女達自身で作り上げたもの。(中略)彼女達が曲を送ってきて、僕らは即座に笑った。凄いユーモアのセンスを持っていたから、契約したんだ。


彼女達のデビュー作にあたるのが、アルバムのタイトル曲でもある「Каблы, КАМON!!! (Cubley, KAMON!!!)」。サウンドもヴィジュアルも、ちょっと遅れてやってきたエレクトロクラッシュです。



こちらはリミックス版(Dj Damaskin Remix)のPV。



メンバーの話は次回!
3月 3日

ロシア・ウクライナのCDの買い方

ロシアやウクライナのCDは、日本盤が出る事が珍しく(t.A.T.u.やバイアグラは例外中の例外)、また輸入盤も簡単に手に入りません。日本国内の通販サイトもありますが、ここでは現地からCDを購入する方法を紹介したいと思います。

以前、RussianBeatというロシアの通販サイトがあり、よく利用していたのですが、現在休止しているようです。サイトに行くと、「coming soon」と書いてあるけど、この状態が続いています。

いろいろ調査をして見つけたのが、ウクライナのUkrMediaという通販サイト。ロシア、ウクライナおよび彼らにとってのワールドミュージック(欧米のポップ・ロック)のCDやDVDのタイトルを揃えています。仕様からして、国内と言うよりも海外のユーザーをターゲットにしているようです。

ukrmedia


ロシア語だとハードルが高くなるのですが、このサイトは英語なので、助かります。検索機能もあり、ロシア語を英語表記にして検索できます。例えば、「t.a.t.u.」「via gra」「nikita」という具合に。英語表記が分からない時に僕が良く使う手は、先ずはロシア語でYouTube検索。すると、結構な確率で英語表記に動画で出てくるので、そちらをコピペして検索!

登録(Sign up)を済ませてから、Log in状態で検索し、カートに入れれば(Add to cart)、カートの中身は保存できます。

海外の場合、クレジットカードを使う事に躊躇を感じる方も多いでしょう。そのあたりを悟ってか、e-Bayなどでも使われるPayPalが使えます。これならクレジット情報を入力することなく、送金ができます。

肝心のコストですが・・・
値段はドル建てで、大体のCDは、$7.95〜9.95。ワールドワイドシッピングで、1枚あたりの送料は$4.95。1枚のCDで約$13.90(83円/$で換算すると、約1,150円)。

日本に着くまでに日数は在庫によって変わる可能性もありますが、今まで2回オーダーした経験から、1週間(2回目)〜2週間(1回目)程度かかりました。

ロシアのAmazonというのは現在ないですが、ぜひやってほしいものです。
3月 2日

ドイツ産ジャパニーズ・サンバ!

日本では古くからラテン歌謡があり、その流れで多少拡大した(時には間違った)解釈で「○○サンバ」といったサンバ歌謡が作られてきました。チェリッシュの「てんとう虫のサンバ」、郷ひろみの「お嫁サンバ」、比較的最近では松平健の「マツケンサンバII」などが挙げられます。



マツケンサンバIIマツケンサンバII
アーティスト:松平健
販売元:ジェネオン エンタテインメント
(2004-07-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


80年代のドイツのレーベル、Ata Takの再発が、CAPTAIN TRIP RECORDSよりされます。Neue Deutche Welle(ドイツのニューウェイヴ)という言葉には人によって違った解釈がありますが、Neue Deutche Welleの代表レーベルの一つが、Ata Tak。Der Planのメンバーが設立したユーモアに富んだ変態的レーベルです。Ata Takの初期約20タイトルのリリースが予定されていますが、3月11日発売の第一弾が5タイトルを収録した『ATA TAK ザ・コレクション・ボックス1』!

ATA TAK ザ・コレクション・ボックス1 ATA TAK THE COLLECTION BOX 1 (紙ジャケット仕様)ATA TAK ザ・コレクション・ボックス1 ATA TAK THE COLLECTION BOX 1 (紙ジャケット仕様)
アーティスト:ATA TAK アタ・タック
販売元:キャプテン・トリップ・レコーズ CAPTAIN TRIP RECORDS
(2011-03-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


そのボックスにも収録され、単体でも買えるお勧めアルバムが、Lost Gringosの1982年のアルバムと1984年のミニアルバムを合体させた『Nippon Samba + Troca Troca』です。

日本サンバ+トロカ・トロカ Nippon Samba + Troca Troca (紙ジャケット仕様)日本サンバ+トロカ・トロカ Nippon Samba + Troca Troca (紙ジャケット仕様)
アーティスト:ロスト・グリンゴス LOST GRINGOS
販売元:キャプテン・トリップ・レコーズ CAPTAIN TRIP RECORDS
(2011-03-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


タイトル曲の「Nippon Samba」はドイツ在住の日本人、ケイコさんをフィーチャリングした脱力感でくらくらしながらも、その例えようのない魅力に何回も聴きたくなるジャパニーズ・サンバの金字塔です。
歌え、踊れ、騒げ、叫べ、行け行け日本サンバ♪

3月 1日

戦わないガールズ・ユニット vs. 戦うガールズ・ユニット

アイドル対談でも紹介した知らぬ間に2人から3人になっていたTomato n'Pine(トマパイ)ですが、3月9日にニュー・シングル『旅立ちトランスファー』をリリースします。

tabidachitransfer1旅立ちトランスファー(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:Tomato n’Pine
販売元:SMR
(2011-03-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


agehaspringsがプロデュースしているだけあって、楽曲のクオリティは高い。PVはGYAOで視聴できます。

トマパイは、YUI、HINA、WADAからなる“戦わないガールズ・ユニット”という触れ込みです。じゃ、“戦うガールズ・ユニット”って誰なんだと疑問に感じて、調べてみました。本当にいるんですね、歌って戦う“戦闘系女子”ユニット、その名もwipe out。下園愛弓、佃井皆美、人見早苗からなる「仮面ライダー」等にも出演するアクション系女優の3人組です。



Angel FighterAngel Fighter
アーティスト:wipe out
販売元:ウェーブマスター
(2010-12-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ぜひ、対バンしてほしい。
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード