四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

EASTECHNO:『共産テクノ 東欧編』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

2018年09月

9月 16日

英国の香りがするスロバックポップ

本日紹介するのは、チェコスロバキアの中でもスロバキア側のアーティスト、Miroslav Žbirka。通称、Miroです。現在のスロバキアの首都、ブラチスラヴァで1967年に結成されたModusのメンバーとして活動を始め、1980年にソロ・デビュー。

Miroの父親はスロバキア人ですが、母親は英国人で英語も堪能です。曲調からも英国の香りがします。中でも僕がお気に入りの「22 Dní(22 日)」(1984年)では、彼のポップ性がテクノ化した結果、 見事な化学反応を起こしています。早すぎるネオアコのようなイントロから、突然シンセドラムが乱入するエレクトロポップは意外に心地よろしいです。

Miro




Miroの元々はバックバンド的存在だったLimitから頭角を現したのは、Laco Lučenič。ソロとなり、「Byt Plný Snov(深い眠りに)」(1987年)は、さらにニューロマンティックス度が増し、スロバキア版Ultravoxと言っても過言でない出来となっています。

Laco


9月 14日

懐かしのマレットさん!

襟足部分の髪だけを長く伸ばしたマレットヘア。ちょっと恥ずかしい、でも80年代の郷愁を感じるヘアスタイルです。マレットとは魚のボラの意味で、見た目がボラに似ているからだという説明がありましたが、いまいちわかりません。でも、マレットってピッタリの語感だから、良しとしましょう。マレットさんのルーツは70年代のグラムロック期のDavid Bowieあたりかと思われます。ソ連にもいましたが、東欧にももちろんマレットさんはいます。

まず最初に紹介するのは、Inka (Bause)の「Ist Das Liebe(それ は愛?)」のPV。楽曲は大衆的なノイエ・ドイチェ・ ヴェレとシュラガーが融合したような感じ。Inkaがマレットヘアというわけではありません。PVでギターを弾いているInkaの隣のマレットさんです。 彼の名はUwe Hassbecker。Stern MeisenやSillyといったオストロック系バンドで活躍したギタリストです。ちなみにInkaの父、Arndt Bauseは「Popcorn」 のカヴァーとかもしている共産テクノ色が強いミュージシャンです。

Inka




もう一人、マレットの本命を紹介します。前述のStern Meisenのフロントマンを務めた後、1987年に集積回路 (Integrated Circuit)を意味するICという名義でエレクトロポップに路線転向したマレットさんです。彼の「Wunderland」。

Traumarchiv




なんだか、マレットヘアにしているとみんな一緒に見えます。二人ともNik Kershaw(英国のいい感じのマレットさん)に見えてしまう。

9月 12日

憧れの(?)ディズニーランド!

今日の特集はディズニーランド。現在もロシアを含めても東欧諸国にはディズニーランドはありません。冷戦時代、ポーランドのバンドによるディズニーランドがテーマとなったテクノポップを2曲紹介します。

まず最初は、Klinczというポズナンで結成されたニューウェイヴ系バンドによる「Disneyland」(1984年)。曲の出だしから「Walt Disney presents Disneyland」とハッタリをかまします。歌詞を紐解いてみると、単純にディズニーランドへの憧れを歌ったわけでないようです。「ディズニー、ディズニー、ディズニーランド、アヘン、アヘン、アヘン、大衆のための、大衆のための」と皮肉を込めた内容となっています。

 Gorączka


Disneyland [MP3 ダウンロード]



もう一つは、Papa Danceの「Nasz Disneyland(僕たちのディズニーランド)」(1988年)。こちらは歌詞にはディズニーランドという言葉は出てこず、寓話的な歌詞の象徴として使われています。Papa Danceは、Franek Kimonoの影武者的存在だった二人のメンバーによるプロデューサーチーム(Adam Patoh)の働きかけで、ワルシャワで結成されたアイドル的ニューウェイヴ系バンド。ソ連やポーランド系米国人(ポロニア)のために米国へのツアーも行い、海外進出も果たしたポーランドの人気グループです。

Nazs Disneyland


Nasz Disneyland - Our Disneyland (Papa Dance) [MP3 ダウンロード]



単純に「ディズニーランドが大好き!」という心情ではありませんが、当時の東欧の人たちにとって、ディズニーランドは西側カルチャーの象徴的存在だったのでしょう。
9月 10日

魅惑の東欧ディスコ!

本日は、TOKYO FMの「TOKYO FM WORLD」で2曲目にかけた曲です。

TOKYO FM WORLD


「Hej Pane Diskžokej」とはチェコ語で「ヘイ!ミスター・ディスクジョッキー」。チェコの古参ロックバンド、Olympicでドラマーとして在籍したPetr Hejdukが1985年に結成したエレクトロポップ・バンド、Baletのデビュー・シングルです。男女3人が歌う、このキャッチーな東欧ディスコソングは、いきなりのヒット曲となりました。

Hej, Pane Diskžokej - Komplet


Hej, Pane Diskžokej [MP3 ダウンロード]



女性ボーカリストのIveta BartošovaがBaletに参加する前に、悲劇は起こりました。彼女はPetr & IvetaとしてPetr Sepešiとともに活動していました。1985年7月にSepešiは踏切事故で25歳という若さでなくなり、二人の「Knoflíky Lásky(愛 のボタン)」は Sepešiの遺作となりました。

Knoflíky Lásky


Knofliky Lasky [MP3 ダウンロード]



Baletを脱退したBartošovaはチェコを代表するソロ歌手としても成功しましたが、残念ながら2014年に他界しました。

最後に『共産テクノ 東欧編』の中身が一部パブリブのページで公開されています。
9月 9日

地下鉄でディスコ!

先週水曜日のTOKYO FMの「TOKYO FM WORLD」という番組で4曲紹介しましたが、その中の1曲を本日は紹介します。

番組のフィナーレを飾ったRockhausの「Disco In Der U-Bahn(地下鉄でディスコ)」です。なぜか地下鉄がダンスフロアにw Rockhausは1978 年に結成され、少なくとも初期においては、ニューウェイヴと位置付けられた人気バンドです。ドイツにはU-BahnとS-Bahnがあり、それぞれ地下鉄と都市電みたいなものです。この曲は、東ドイツで最初のヒップホップとされていますが、Blondieの「Rapture」やFalcoの「Der Kommissar」のようなニューウェイヴ的ラップと言ったほうがいいでしょう。サウンド的にはファンク魂を感じる、東ドイツとしては貴重なバンドです。休止期間もあり、一部のメンバーはPankowなどに移籍したり、他界しましたが、現在もライヴ活動をする長寿バンドとなっています。

ちょっとジャケがマレットヘア気味のアルバム『Bonbons und Schokolade(キャンディとチョコレイト)』
Bonbons Und Schokolade


Disco in der U-Bahn [MP3 ダウンロード]


9月 4日

東欧で最初のテクノポップとは?

明日、9月5日(水)は、TOKYO FMの「TOKYO FM WORLD」(20:00〜21:30)という番組におじゃまして、共産テクノの話をする予定です。radikoでも聴けるみたいです。


今回の『共産テクノ 東欧編』のために色々と調査をした結果、東欧でのテクノポップ元祖と考えられるのは、Fonográfというバンドによる「Tanzmaschine(ダンスマシーン)」という曲です。ちなみに以前紹介した「Popcorn」のカヴァーなどはカウントしていません。ハンガリーのバンドなのに東ドイツで1975年にAmigaからリリースされたシングルです。「テクノポップ」と言いましたが、クラウトロックに多少なりとも影響を受けた電子音を駆使したサイケデリックロック風と言った方が適切かもしれません。ちょっと言い訳多くてすいません。でも、『Autobahn』(1974年)の翌年と考えると先進的と言えましょう。

tanzmaschine


Tanzmaschine (instrumental) [MP3 ダウンロード]



ちなみこのバンド、テクノポップと呼べそうなのはこの曲のみで、気まぐれのようです。カップリングの「Es Tut Mir Leid(ごめんなさい)」は、カントリーロックです。1980年には『Country & Eastern』というタイトルのアルバムをリリースしています。

9月 2日

ロボットという言葉を生み出したチェコスロバキアでロボットに魅せられた男

ロボットというのは、テクノポップにおける定番とも言えるコンセプトです。Daft Punkからテクノポップ的ルーツを感じてしまう理由の一つにも、ロボットがあります。ロボットという言葉はチェコスロバキアで生まれました。最初に使われたのは、1920 年の小説家Karel Čapekが発表した戯曲『R.U.R. (ロッサム万能ロボット商会)』です。

プラハ出身のAlexander Goldscheiderはロボットにこだわる男です。彼がOdessey名義で出したシングル『Jupiter』(1979年)は、東欧では比較的早いスペースディスコの影響も窺えるテクノポップとなっています。

Jupiter


Mluvi K Vam Robot [MP3 ダウンロード]



本名で1981年にリリースされたシングル『Mluvi K Vam Robot (ロボットはあなたに話す)』は、チェコスロバキアで最初に大半がボコーダーで歌われた曲とされます。インストルメンタル中心の彼の楽曲の中、この曲には風刺が効いた歌詞があります。作詞は1989年のビロード革命後、ハヴェル大統領のスポークスマ ン兼アドバイザーとなったMichael Žantovskyによるもので、「ロボットは支配と独占のためだけに地球上に天国を約束する」という歌詞はソ連をロボットに例えたとされています。

Mluvi K Vam Robot


Mluvi K Vam Robot [MP3 ダウンロード]



同年、彼はロンドンに移住をし、『Themes For A One Man Band Vol 1』(1983 年)、 『Themes For A One Man Band Vol 2 』(1984 年)を発表します。英国で成功したとは言い難いですが、「Love Theme for a Robot I」など、彼のロボットに対するこだわりは続いていました。

Themes For A One Man Band Vol.1




その後、彼はRomantic Robotという音楽ゲームソフト会社を設立し、やはりロボットにこだわり続けました。
プロフィール

shikata

hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 英国の香りがするスロバックポップ
  • 英国の香りがするスロバックポップ
  • 懐かしのマレットさん!
  • 懐かしのマレットさん!
  • 憧れの(?)ディズニーランド!
  • 憧れの(?)ディズニーランド!
  • 魅惑の東欧ディスコ!
  • 魅惑の東欧ディスコ!
  • 魅惑の東欧ディスコ!
  • 地下鉄でディスコ!
  • 東欧で最初のテクノポップとは?
  • ロボットという言葉を生み出したチェコスロバキアでロボットに魅せられた男
  • ロボットという言葉を生み出したチェコスロバキアでロボットに魅せられた男
  • ロボットという言葉を生み出したチェコスロバキアでロボットに魅せられた男
  • 日韓で人気のハンガリーのニュートン・ファミリーのメンバーによるオリンピック・ソングとは?
  • 日韓で人気のハンガリーのニュートン・ファミリーのメンバーによるオリンピック・ソングとは?
  • 日韓で人気のハンガリーのニュートン・ファミリーのメンバーによるオリンピック・ソングとは?
  • サンプラー「Muzix 81」 を開発したハンガリーのテクノポップ・ユニット
  • エル・ムージカと呼ばれるポーランドの電子音楽
  • エル・ムージカと呼ばれるポーランドの電子音楽
  • チェコハウス創始者とその兄が英国でリリースした隠れテクノポップ
  • チェコハウス創始者とその兄が英国でリリースした隠れテクノポップ
  • チェコハウス創始者とその兄が英国でリリースした隠れテクノポップ
  • 『共産テクノ 東欧編』発売!東欧のポップコーン
  • 『共産テクノ 東欧編』発売!東欧のポップコーン
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード