本日、All Aboutテクノポップにて、√thummのインタヴュー記事をUPしました。ファースト・アルバムの『coton』が出て暫くしてからのタイミングで、インタヴューをする予定だったのですが、セカンドもまもなく出るということで、今回『Yamatopia』のリリースのタイミングに合わせて、インタヴューをする事となりました。お陰で、デビュー時から、今までの√thummについてのかなり濃いインタヴューになりました。ファーストとセカンドについて当然聞いていますが、JAPAN EXPO’10でのフランス公演やTwitter事件(笑)についてもお話を伺いました。
yamatopia

さて、この『Yamatopia』というアルバム、色とりどりの√thummの魅力が詰まっている作品となっています。前作の「hama」(今回のアルバムもリミックス収録)などにもみられた、和風テクノポップの方向性です。これは日本人だからこそ出来る作風。今回のアルバムでは、PVも作られた「harukami」。ロケ地は、若草山・・・鹿のフンがいっぱいで大変だったらしいですけど(笑)。


他にも「ヤマトコトノハ」「皐-satsuki-」なども和風と言えるのですが、これがなかなか一筋縄でいかないいい意味で保守的に収まらない楽曲に仕上がっています。と、思ったら、Strawberry Switchbladeの「Since Yesterday」(Tommy februray6やMariMari Rhythm Killerとかもカヴァーしていましたね)や前作の「Beautiful Field」をサケアウツGがぐにょぐにょのエレクトロ・リミックスしたり・・・

和風テクノポップに戻りますが、そう言えば、Perfumeの「575」なんかも和風テイストですね!

cotoncoton
アーティスト:√thumm
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2009-12-02
クチコミを見る
YAMATOPIAYAMATOPIA
アーティスト:√thumm
販売元:Side Street records
発売日:2010-07-28
クチコミを見る