アカ族はタイに約25,000人いるとされますが、アジア(中国、ミャンマー、ラオス、ベトナム、タイ)では約45,000人。タイだけで約65,000人という統計もあり、この辺の数字は出典によってかなり変わりますので、あくまでも参考程度に。アカ族は、他の山岳民族と同じく、中国雲南省周辺からタイへ流入、ハニ族(中国では哈尼族と表記)と近縁であるとされていますが、アカ族自身は自らのアイデンティティを重んじているため、彼らは自らをハニ族とは考えていないでしょう。ハニ族全体としては約150万人と結構多い。

アカ族の言語は、中国・チベット語族の中のチベット・ビルマ語族のアカ語。
こんにちは=ガラ・ハドヨウ・ドムンニャ
ありがとう=グー・ロン・フーライマァル

アカ族は、タイ北部山岳地帯の集落、その近辺の市場、観光客向けのチェンマイ近辺のメーリムの山岳民族村にいますが、チェンマイのナイトバザールやミャンマー国境の街、タチレクでも土産物売りをしているのを見かけました。

メーリムの首長族の村のアカ族
akha01


ミャンマー(タチレク)のアカ族
akha-myanmar01


アカ族の村の入り口は、写真にある彼らのアニミズムから来る日本の鳥居のような形の精霊の門(ロッコン)に守られています。

アカ族の村(精霊の門)
akha06


残念ながら、彼らの村に夕方頃行った時は、ほとんどのアカ族はクリスマスのためか(多くはキリスト教に改宗)出払っていて、写真に映っている一人の女性だけしかいませんでした。家屋は高床式。

アカ族の村
akha07


黒を基調とした衣装をまとい、銀色のアクセサリーでいっぱいの帽子がトレードマークとなっており、過剰の美学を追求するヘッドドレス。膝が少し出るくらいのミニスカートにぴったりのコーディネートのゲートルでオシャレにきめています。その帽子から判別できるアカ族の支族は以下となります。

アカ族の村にいたアカ族のゲートル
akha08


ウロ・アカ族(Ulo Akha):ウロ=羽が付いたとんがり帽子
ロミ・アカ族(Loimi Akha):ロミ=銀の玉などで装飾された丸い兜のような帽子
パーミー・アカ族(Pamee Akha):銀の玉などで装飾された台形の兜のような帽子 

写真に写っているのは、ロミ系でしょう。他のアカ族も見たかったです。顔立ちは比較的目鼻立ちがはっきりしています。 しかしながら、僕が訪れたアカ族の市場では、フル装備の衣装のアカ族は居らず、普段着で布地を頭に巻いていました。

アカ族の市場
akha02


アカ族の市場
akha03


アカ族の市場
akha04


アカ族の市場
akha05


アカ族は年に2回、新年のお祭りを行い、ブランコ祭などという楽しそうなイベントもあるようで、一度それを狙って訪れたいものです。

一応、音楽ブログなので、最後にタイのアカ族の歌を聴いてください。チェンマイで買った山岳民族のCDの歌とは全然違うタイ歌謡みたいなアカ歌謡・・・



アカ族の音楽サイト