四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

チリ

10月 3日

近未来になって帰ってきたウクライナ女軍

proetomamamusic CEOのユリィ・ニキティン氏にインタヴューした時、アルミヤー(А.Р.М.И.Я)とHollywood FMは活動をやめた訳ではないけど、mamamusicから離れたと聞きました。

アルミヤー(“軍”と意味ですね)は、現在NikitAで活動するユーリャ・カヴタラヂャエ(Юлия Кавтарадзе)がいたグループ。ファーストアルバムのジャケの一番右にいるのが、ユーリャです。

チリ出身(スウェーデンに住んでいるらしいけど)のDJ Mendezとのコラボで作った「Люби меня (Love me)」(2011年)が、mamamusicとしては最後の曲のようです。スポーツがコンセプトの要素であるグループですから、馬も乗りこなせるようです。



mamamusicを離れたアルミヤー、どうなることかと心配したのですが、クリップを公開したばかりの「Я Клянусь (I swear)」(2012年)を見て、ちょっと安心(笑)。近未来的イルミネーションもかっこいい。尼さんのような全身タイツに、金粉ヌードと相変わらず趣向を凝らしています。

12月 11日

大絶賛!チリにもいるエレクトロガール、ハビエラちゃん

中南米アイドル発掘シリーズ・・・いや、そんなつもりで始めたつもりはないのですが、そんな感じになってしまっています。今回はブラジルではなく、世界の果て、チリからやってきたハビエラ・メナ(Javiera Mena)ちゃんです。チリと言えば、ラテンアメリカの細長い国ですが、音楽的にはフォルクローレくらいしかイメージが沸きません。そんなチリの首都サンティアゴに、エレクトロガールがいるとは、なかなかの驚き。世の中はフラット化しているんですね。

音楽大学の作曲科で学んだハビエラちゃんは、2003年にフランシスカ(Francisca Villela)ちゃんと二人でPrissaというユニットで活動を始めます。ソロ・デビュー前の習作と言える作品が、YouTubeやMySpaceで公開されており、期待通りのエレクトロポップ。いい意味でのインディー感があったりして、コスも可愛い。MySpaceには、Giorgio Moroder、Pet Shop Boys、Mecano、Matia Bazar等に影響を受けたとあります。特に後者二つは渋いですね。



2006年にアルバム『Esquemas Juveniles』でデビュー。

Esquemas JuvenilesEsquemas Juveniles
アーティスト:ハビエラ・メナ
販売元:FELICA /Art Union Recordings
(2007-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アルバム全体から比類なる才能を感じるわけですが、「Yo no te pido la luna」は、不思議な魅力に溢れています。典型的なラテンではなく、チリのエミリー・シモン(Emilie Simon)って感じです。黒髪で親しみやすいルックスもいいですね。



最新作となる自らの姓をタイトルとした『Mena』(2010年)、ジャケが目を引きます。僕自身、ジャケ買いした側面もあるのですが、デビュー作と同じくアルゼンチンのアレハンドロ・ロス(Alejandro Ros)がアートワークを手掛けています。他にも、フアナ・モリーナ(Juana Molina)等、多くの南米のアーティストのジャケや他のグラフィックデザインも手掛ける売れっ子らしいです。

MENAMENA
アーティスト:ハビエラ・メナ
販売元:Felica
(2010-10-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


さて、このセカンドはデビュー作を超えたと断言したい。日本なら、ワールドミュージックにコーナーに置いてあるCDですが、別にそのような枠組みに関係なく、お薦めしたい作品です。琴線に触れるメロディーと臨場感にあふれるアレンジで、曲ごとに色々な表情を見せてくれます。欧米の80年代ディスコ、エレクトロポップやエレクトロニカからの影響は伺えますが、それが彼女の個性と重なって、オリジナルな世界を構築しています。PVが既に公開されている「Hasta La Verdad」では、髭を生やしたおちゃめなハビエラちゃんなのです。



7曲目の「Sufrir」では、自らファンと公言するLadytronのDaniel Huntも参加しています。久しぶりに誉めちぎった感がありますが、ハビエラちゃんのせいでチリに行きたくなりました。行けないかもしれないから、日本に来てほしい。

livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード