四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

ニュージーランド

3月 31日

キッチュなCut Copy? The Brunettes

前回紹介したPrincess Chelseaも在籍し、Lil’ Chief Recordsからの最初のアーティストであるThe Brunettesを紹介します。ジャケやPVに登場する主要メンバーは、Jonathan BreeとHeather Mansfieldの男女2人組。ちなみにプロフィールを見ると、二人はformer coupleと書いており、以前は付き合っていたけど、別れても一緒に活動をしている、Eurythmicsのような状態。また、Jonathanは、Lil’ Chiefの創設者の一人でもあります。

1998年に『Mars Loves Venus EP』が初リリースで、その後はLil’ Chiefから4枚のフルアルバムをリリースしています。

最近の作品をチェックしてみました。Subpopからもリリースされた3枚目のアルバム『Structure & Cosmetics』(2007年)からの「If You Were Alien」は、オリエンタル風モダンポップ。



Structure & CosmeticsStructure & Cosmetics
アーティスト:Brunettes
販売元:Sub Pop
(2007-08-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


現在のところ、最新アルバムとなる『Paper Dolls』(2009年)では、エレクトロポップ度がアップ。アルバム収録の「Red Rollerskates」は、キッチュなCut Copy(オーストラリア)って感じ。Heatherもかわいい。



Paper DollsPaper Dolls
アーティスト:Brunettes
販売元:Lil' Chief Records
(2010-02-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


The Brunettes
3月 28日

禁煙できない人のために贈るPrincess Chelseaの歌

オセアニアに行きましょう。オーストラリアには結構、好きなアーティストがいますが、今回はニュージーランド。人口は427万人で、羊は3000万頭以上います。以前はもっと羊がいましたが、土地の涸れや牛の酪農への転向が理由だそうです。

ニュージーランドは小国ですが、Split Enz、Mi-Sex、ザイン・グリフ(Zaine Griff)といったアーティストを輩出しています。ニュージーランドの首都はウェリントンですが、一番大きな都市は人口約130万人のオークランド。オークランドには、インディーシーンもあり、今回紹介するのは、Chelsea Nikkelのひとりプロジェクト、Princess Chelsea。

彼女の曲の中でも、YouTubeで一番多く視聴されているのが、「The Cigarette Duet」。ちょっとだけよ言いながら、やめられない煙草の歌。デュエットの男性の相手は、多分ですが、同じレーベルのThe Brunettesの男性(次に紹介します)。PVの最後には、「2010年、ニュージーランドで420組以上のカップルが喫煙に関わる問題で別れた」とのテロップが流れます。僕も禁煙は2回しています(ということは、2回失敗しました)。元々エレクトロポップ系バンドで活動していたPrincess Chelseaは、クラシックのピアニストでもあり、ドリーミィーなオーケストラルポップとしておススメします。



アルバム『Lil' Golden Book』のディズニー風ジャケも素敵(ちょっと本人とは違うけど・・・)!

Lil' Golden BookLil' Golden Book
販売元:Lil' Chief Records
(2011-09-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Princess Chelsea

アルバムに未収録ですが、The Beatlesの「And I Love Her」やWhite Townの「Your Woman」のカヴァーをしています。Lil’ Chief Recordsでストリーミングおよび購入もできます。White Townの「Your Woman」は実は僕が好きな曲で、カヴァーすること自体が渋い。こちらはセッション版。

livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード