四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

クンビア

12月 18日

EMIメキシコ副社長の電子クンビア・ユニット、MIS

前回のBomba Estereoでも紹介した電子クンビア・コンピ『Cumbia! Bestial』(2010年)にも収録されているMexican Institute of Sound略してMISについて書きます。

MISはカメリオ・ララ(Camilo Lara)のソロ・プロジェクトですが、凄いのはEMIメキシコの副社長という点。インディーレーベルなら分かるのですが、メジャーの副社長を務めながら、アーティスト活動。EMIメキシコ所属のアーティストはこんな凄い副社長がいるとかえってやりにくいのではないかと思ってしまいます。

MISのリリースはEMIではなく、Bomba Estereoと同じ、電子クンビア系レーベルとも言えるNacional Records。これまで、『Mejico Maxico 』(2006年)、『Pinata』(2007年)、『Soy Sauce』(2009年)と3枚のアルバムをリリース。

ソイ・ソースソイ・ソース
アーティスト:MIS(メキシカン・インスチチューテ・オブ・サウンド)
販売元:NACIONAL RECORDS/MUSIC CAMP, Inc.
(2009-04-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


MIS自体クンビアだけでなく、ラテン系エレクトロ(ニカ)と捉えていいと思いますが、『Soy Sauce』のオープニング・トラックは、「Cumbia」。これがユーモラスかつ洗練されていて、かっこいいんです。



2曲目の「Alocatel」は、『FIFA10 サウンドトラック』ともなっている脱力系ラテン・エレクトロ。副社長、素敵!



12曲目の「Sinfonia Agridulce」は、どっかで聴いた事があると思ったら、The Verveで有名になった「Bittersweet Symphony」(1997年)でした。MISはとぼけたカヴァーをしていますが、原曲はStaple Singersの「This May Be the Last Time」。風貌も含めて、さしずめ、メキシコのFPMって感じです。
12月 17日

女性ヴォーカル電子クンビア・バンド、Bomba Estereo

では、本題の電子クンビア(デジタルクンビア)について話を進めましょう。2008年頃から注目され始めたこのジャンル、オランダ人のディック・エル・デマシアド(Dick El Demasiado)が電子クンビアの父とされており、2000年頃からコツコツと取り組んでこられたようです。彼の『Sus Cumbias Lunaticas y Experimentales』(2009年)はその集大成。

クンビア・ルナティカ/エクペリメンターレクンビア・ルナティカ/エクペリメンターレ
アーティスト:ディック・エル・デマシアド
販売元:utakata records
(2009-07-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


最近は、電子クンビアのコンピレーションも増えてきており、『Cumbia! Bestial』(2010年)では、コロンビアだけでなく、メキシコ、アルゼンチン、アメリカ、オーストラリアなどの世界の電子クンビアを選曲しています。

クンビア・ベスティアルクンビア・ベスティアル
アーティスト:オムニバス
販売元:BARRIO GOLD RECORDS/MUSIC CAMP, Inc.
(2010-09-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


このコンピにも収録されている、クンビアの故郷とも言えるコロンビア発の電子クンビア・バンドが、Bomba Estereo! コロンビアのクンビアとエレクトロを融合させた様式は、自らエレクトロトロピカルと呼んでいます。アルバム『Vol. 1 』(2006年)でデビューし、セカンド『Estalla』はアメリカではタイトルが『Blow Up』(2009年)と改名されリリース。

ブロウ・アップブロウ・アップ
アーティスト:ボンバ・エステーレオ
販売元:NACIONAL RECORDS/MUSIC CAMP, Inc.
(2009-06-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


お勧めのトラックは、ずばり「Fuego」。単に電子化したクンビアではなく、エレクトロやレゲエ・ダブを昇華し、ディスコパンクなどにも通じる衝動があります。4人組ですが、いい意味で荒削りなリリアーナ(Liliana Saumet)という女性ヴォーカルも大事なポイント。どこにでもいそうなおねえちゃんという感じも良し。



2009年には来日していたようで、知っていたら見に行きたかった・・・
12月 15日

電子クンビアの前にクンビア歌謡

デジタルクンビアの方が一般名だと思いますが、響きが好きなので電子クンビアについてこれから書こうと思います。でも、その前にクンビアおよび日本に波及したクンビア歌謡の古い話をします。よって、中南米特集なのに日本です。クンビアはコロンビア生まれの「ズンチャズンチャ」の2拍子のビートを基調としたダンスミュージック。

その起源は古く、黒人が南米大陸にアフリカから来た19世紀後半と考えられています。実際に広まったのは1950年代以降で、1965年にはメキシコのカルメン・リベロ楽団による「赤いスカートのクンビア(La Pollera Colora)」がヒットします。



面白い事にその勢いは、同年日本にまで波及します。前述の「赤いスカートのクンビア」をカップリングした金井克子は「踊るクンビア娘」を、ラテン歌謡を多く歌った御影あい子も「クンビアをうたおう」、そして弘田三枝子は紅白歌合戦でも歌った「恋のクンビア」をリリースし、1965年はクンビア歌謡イヤーとなります。こんな時代でも、日本の歌謡界は世界のムーヴメントの中にいたのですね〜。確かにこの時代、ラテン歌謡なるものが、多かった気がします。僕自身、生まれてはいましたが、あまりにも幼少だったため、確かな記憶はありませんが。ボックスセット『激熱 ラテン歌謡 オーレ!』には、紹介したクンビア歌謡も収録したラテン歌謡の集大成です。

激熱 ラテン歌謡 オーレ!(CD)【演歌・歌謡曲 CD】【マラソンP10】
激熱 ラテン歌謡 オーレ!(CD)【演歌・歌謡曲 CD】【マラソンP10】


後で気が付いたのですが、弘田三枝子は、2006年に「恋のクンビア21」というセルフ・リメイクをMICO Loves CUMBIA BROS.名義で行っています。いや、40年経っても圧倒的なパワーを感じます。



恋のクンビア21恋のクンビア21
アーティスト:MICO Loves CUMBIA BROS.
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
(2006-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード