四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

ラップ歌謡

11月 17日

SASの桑田さんが欲しがった「ジャンクビート東京」

では、シリーズ第2弾『ラップ歌謡 あの娘にカセットあげよう』(2010年)に話を移します。

ラップ歌謡 [第2弾] あの娘にカセットあげようラップ歌謡 [第2弾] あの娘にカセットあげよう
アーティスト:オムニバス
販売元:Pヴァイン・レコード
(2010-11-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


01. Real Fish「ジャンクビート東京」(1987年)
02. クレイジー・ケン「黒猫のファンク」(1995年)
03. 下町兄弟「War War!Stop It」(1997年)
04. 小島あやめ「あやめのドレミ」(2008年)
05. 山田邦子「邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド編)」(1981年)
06. 谷啓「怪奇ラップ現象」(1992年)
07. 星井七瀬「恋愛15シミュレーション」(2003年)
08. AKIRA(EMOTO+SAKATA)「ほいじゃが」(1985年)
09. さかなクンwith 山口瑠美「さかな de ラップ」(2004年)
10. なな子&BENCO「チューチューパッパ」(1984年)
11. L.L. BROTHERS「 L.L.ブラザーズのテーマ」(1991年)
12. Y.F.ZOMBIE COMPANY「12FRIENDS」(1989年)
13. C-C-B「ないものねだりのI Want You〜ゼイ肉Mix」(1987年)
14. 野坂昭如「Dani Earth (Drum'n'Bass Mix)[ダニアースの唄]」(1998年)
15. 野村沙知代「SUCH A BEAUTIFUL LADY」(1999年)
16. BRAND NEW MONKEYS「ヤングGO!GO!〜カセットは顔で選ぼう」(1995年)

オープニングは、Real Fishの「ジャンクビート東京」! Real Fishとは並行活動していたShi-Shonen(戸田誠司、福原まり、渡辺等、友田真吾)に矢口博康(Sax)と美尾洋乃(Violin)を加えて編成した、インスト中心のバンド。テクノポップなShi-Shonen対してReal Fishはニューウェイヴ的な文脈ですが、ラウンジや民族音楽の要素も備えた独自の音楽性を追求していました。そんな中、シングルとして出た『ジャンクビート東京』は、Real Fishとしては異色の作品。作詞作曲は、いとうせいこう・戸田誠司の共作で、ヴォーカルは桑田圭祐!

junkbeattokyo




以前、戸田誠司さんにインタヴューした時に聞いた話ですが、戸田さんがいとうせいこうさんの「東京ブロンクス」に衝撃を受けて、わがままで作った曲だと。また、桑田さんは、曲が気に入って、サザンに欲しいと言われたらしいです。詳しくは、インタヴュー記事をぜひ読んでください。

There She Goes Again〜戸田誠司さん



ちなみに戸田誠司さんは、いとうせいこうさんと再びコラボです。タナカカツキさん、鈴木光人さん、とくさしけんごさんと共にkappa名義で配信アルバム『よろよろ feat. いとうせいこう』を11月16日にOTOTOY限定からリリースしました。
11月 16日

ハゲのハゲによるハゲのためのラップ

前回紹介した『ラップ歌謡 フォローしてちょうだい』(2010年)に収録されている曲の中で、注目したいのがユリオカ超特Qのハゲのハゲによるハゲのためのラップ「HAGE=RAP〜ハゲ革命★始まりの合図」(2005年)。

Hage=Rap ~ハゲ革命★始まりの合Hage=Rap ~ハゲ革命★始まりの合
アーティスト:ユリオカ超特Q
販売元:PSC
(2005-11-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


歌詞も笑いをとるだけでなく秀逸だし、トラックもせつなさが溢れるし、なにせユリオカ超特Qのラップが上手くて、芸人の域を超えています! いや、これはラップ歌謡の革命! PVには、カツラボクサーこと小口雅之選手が出演しています。2005年の試合中にカツラがとれてしまったプロボクサーですが、モマーニという育毛剤を使用している小口選手は、「みてくれ!俺の変化を!」と訴えています。気になる方は、こちらを確認ください。



余談ですが、Amazon.co.jpでよく一緒に購入されている商品としてこのCDと柄沢怜奈とお兄ちゃんの『チンチンポンポン』 が選ばれています。なんとなく納得。

他にハゲを題材にしたラップと言えば、アルバム『KARATEKA』(1992年)に収録の電気グルーヴの「ザ・ケトルマン」もありますね。
11月 15日

M.C.コミヤのパロディには真剣さを感じる

11月の新譜情報でも紹介した『ラップ歌謡』を掘り下げてみます。全ての“歌謡”について言える事ですが、○○○歌謡というのは日本で独自に進化したジャンル。日本のガラパゴス化を憂う今日この頃ですが、このガラパゴス化は歓迎したいです。

テクノ歌謡の時にも、どこからどこまでがテクノで、テクノ歌謡とテクノポップの境界線は・・・という微笑ましい論点がありました。ラップ歌謡の場合、ラップという割とはっきりした歌唱法で判断ができます。問題は、ラップ歌謡なのか、日本のヒップホップ(J-HIP HOP)なのか、このあたりには多少のグレイゾーンはありそうです。J-RAPという呼称もありますね。

一通り、検証してから結論付けたいと思いますが、3つくらいの傾向が見えてきます。

1)ラップ歌謡にはノヴェルティーソングが多い
2)コメディアンが歌うラップ歌謡が多い
3)子供が歌うラップ歌謡が結構ある

では、シリーズ第1弾『ラップ歌謡 フォローしてちょうだい』(2010年)について話を進めましょう。

ラップ歌謡 [第1弾] フォローしてちょうだいラップ歌謡 [第1弾] フォローしてちょうだい
アーティスト:オムニバス
販売元:Pヴァイン・レコード
(2010-11-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


01. M.C.コミヤ「ケンタイキ」(1991年)
02. 安達祐実「どーした!安達」(1994年)
03. diEZEl from JPS「たまごっちフリーク」(1997年)
04. たんたろう「牛タン・ラップ」(2003年)
05. 若松市政&アフリカ「ストロングマシーンWe are No.1」(1985年)
06. YLA-MAGO「T YO ROCK」(1984年)
07. 砂東由香利「わい わい わい・・・」(1982年)
08. ザ・ナンバーワン・バンド「うわさのカム・トゥ・ハワイ」(1982年)
09. メッケ隊「STYLIST A GO-GO!! 」(1996年)
10. 桂ざこば「尽くさんかい」(1999年)
11. L.L.COOL J太郎「J.Said Kock You Out」(2003年)
12. ジャドーズ「IKASUMAN」(1986年)
13. minako「プラネット・オブ・ジ・エイプ」(1995年)
14. 五十嵐寿也「ぶっちぎりバトルハッカーズ」(1987年)
15. ユリオカ超特Q「HAGE=RAP〜ハゲ革命★始まりの合図」(2005年)
16. 深津絵里と中上雅巳「NIGHT-CLUBBING」(1991年)

ラップ歌謡というと90年代というイメージが強いのですが、80年代のトラックが6曲も収録されています。初めて知るラップ歌謡、CDを持っていたけれど再発見したラップ歌謡など、選曲者のこだわりと愛情を感じる内容となっています。

オープニングは、M.C.コミヤによるM.C. Hammerの「U Can't Touch This」の日本語カヴァー。この曲はラップ歌謡にコメディアンが多いという代表的なパターンで、M.C.コミヤはコント赤信号の小宮孝泰。シングルになった「遣唐使です〜ちょっと目立たない〜」もありますが、ミニアルバム『プリーズ・コミヤ・ドント・ハーテム』(1991年)に収録の「ケンタイキ」の方を収録。ちなみにこのアルバム・タイトルも本家の『プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム』(1991年)から頂いていますが、ジャケも忠実にコピー。これは、単にコメディアンが流行りネタに便乗したという域を超えています。赤信号では一番目立たない存在の小宮さんが、突然輝いた記念盤でもあります。

kommierM.C.コミヤ/プリーズ・コミヤ・ドント・ハーテム
販売元:株式会社EMIミュージック・ジャパン
(1991-07-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


プリーズ・ハマー・ドント・ハーテムプリーズ・ハマー・ドント・ハーテム
アーティスト:M.C.ハマー
販売元:EMIミュージック・ジャパン
(2007-10-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


長くなってしまったので、続く・・・
10月 30日

2010年11月の新譜情報〜ラップ歌謡ダヨネ

11月はなかなか面白いリリースが盛りだくさんです。ドームでやってくれると期待しているPerfumeのニュー・シングル『ねぇ』やAiraちゃんのアルバム『???(スリークエスチョン)』もひかえています。

「テクノ歌謡」「ディスコ歌謡」というテーマで再発掘的なオムニバスを出してきた、日本のRhinoのようなレーベル、P-Vineから「ラップ歌謡」のオムニバスが2枚出ます。70年代のディスコ歌謡、80年代のテクノ歌謡、90年代のラップ歌謡だそうです。

ラップ歌謡 [第1弾] フォローしてちょうだいラップ歌謡 [第1弾] フォローしてちょうだい
アーティスト:オムニバス
販売元:Pヴァイン・レコード
(2010-11-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ラップ歌謡 [第2弾] あの娘にカセットあげようラップ歌謡 [第2弾] あの娘にカセットあげよう
アーティスト:オムニバス
販売元:Pヴァイン・レコード
(2010-11-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ラップ歌謡、80年代から出現し始めましたが、「今夜はブギーバック」や「DA.YO.NE」が流行った90年代に『今夜は”ラップ”ダヨネ。』(1995年)というコンピレーションもありました。

ラップ歌謡について知りたい方は、「ラップ歌謡小百科」をぜひご覧ください。
更に研究したい方はスモール出版から出ている小冊子『ラップ歌謡大百科』がお勧めです。僕も買いました。

タイトルで興味を惹かれてしまったのは、『電子音楽部』。これはFloppyなどが所属するBeat Surfersからレーベル・コンピで、小林写楽、戸田宏武、中野テルヲ、福間創、三浦俊一さん達が一挙に集結しています。

海外ものも二つ紹介しましょう。
Danuel Tateの『Mexican Hotbox』・・・Cobblestone Jazzのキーボーディストらしいですが、アシッド・ジャズ系と思いきや、何だか変てこな魅力があるんです。あえて言えば、ラテン気味のDaft Punkみたいな。タイトル曲「Mexican Hotbox」は現在、無料ダウンロード出来るので、聴いてみてください。

最後は、Mintel Roseの2nd『Atantique』・・・80年代大好きフレンチエレクトロ集団、Valerie、頑張っています。

11月3日:V.A.『ラップ歌謡 [第1弾] フォローしてちょうだい』
11月3日:V.A.『ラップ歌謡 [第2弾] あの娘にカセットあげよう』
11月3日:CORNELIUS『Fantasma』再発;砂原良徳リマスタリング
11月3日:agraph『equal』
11月3日:DAISHI DANCE『DAISHI DANCE remix...2』
11月3日:V.A.『ガールズ・クリスマス・パーティー』
11月3日:Tim Deluxe『Fluid Moments』
11月5日:小西康陽『チェブラーシカ 東京の休日』
11月10日:大貫妙子 & 坂本龍一『UTAU』
11月10日:Perfume『ねぇ』Single
11月10日:平沢進『変弦自在』  
11月10日:Francesco Tristano『Idiosynkrasia』
11月17日:Aira Mitsuki『???(スリークエスチョン)』
11月17日:やくしまるえつこ『COSMOS vs ALIEN』Single
11月17日:V.A.『Christmas Songs』commmons
11月17日:中塚武『ハガネの女-She’s a steely woman!-』
11月17日:FPM『FPMBoot』
11月24日:Clemontine『ANIMETINE-plus ANIME DU BOSSA』
11月24日:ヒゲドライバー『ヒゲドライバー3UP』
11月24日:V.A.『電子音楽部』
11月24日:Danuel Tate『Mexican Hotbox』
11月24日:Minitel Rose『Atlantique』
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード