四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

EASTECHNO:『共産テクノ 東欧編 (共産趣味インターナショナル)』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

地下アイドル

7月 24日

【アイドル対談】解散を発表したコスメティックロボット (心中お察し申し上げます)

(四方)先生:地下アイドル・シリーズ第一弾として先ずは、僕も知っているコスメティックロボット(コスロボ)について話し合いましょう。
僕もAll Aboutテクノポップの方で2回ほど書いています。
’08年Post Perfume〜アイドル編
エレクトロガール☆trio

(Hyper_)tetsu:実は、先日あったライヴで解散が発表されました。

先生:えっ、そうなんですか! tetsuさんとしてどんな気持ちですか?

tetsu:切ないですよね。
アイドルって、本人の意思に反してこういうの決められちゃうんですよねぇ。いろいろ理由は噂で流れてますが、ほんとのところはわかんないですし・・・私の中では、なによりあの素晴らしい曲達を歌う人がいなくなるのか・・・ってショックがでかいです。解散までに何回かは行きたいと思っています。

先生:心中お察し申し上げます。では、今日は想いを込めて語ってください。コスロボとの出会いは?

tetsu:私は、石丸電気の8Fであった『コスゼロ』DVDのリリースイベントだったと思います。今は名古屋に住んでいますが、当時秋葉原のリアル住人でして、暇だったら石丸電気のリリイべに行っていた時期があるんです。今も、暇だったら行っている気がしますが(笑)。出会った頃は全然ファンじゃなかったんです。はじめて握手をしたとき、あむちゃんに愛想なく対応されて心が折れたのもあります。

先生:きっとツンデレなんでしょう。デビュー・シングルの『シリアルナンバー99』は僕も買ってしまったのです。「モンキー・マジック」っぽいフレーズがあったりして、あっ「Butterfly」とか「Sazae Funkadelic」のネタとも被るなぁ〜と(笑)。

tetsu:僕もそういうのもあって、最初は、いまいち好きじゃなかったんですよね。あっ「メルシー・メロディー」は昔から好きでした。

先生:いや、僕はそれを面白がっていました。あと、カップリングの「ラブロボボ」は、ロボットの悲哀を歌っているので、コンセプト的にもなかなかいいなぁ〜と。ロボットソング大好きですから。

tetsu:ちょっと前のアイドルイベントで、渋谷WOMBで「シリアルナンバー99」聴いたんですけど、もの凄くカッコ良かったです。その時、最初3列目ぐらいで見ていたんですが、ご本人たちそっちのけで、音に浸りたくてフロアのど真ん中に下がったぐらい良かった。
流石WOMB!!!世界に誇る日本のクラブです。低音の抜けが良くって気持良すぎました。ほんと素晴らしかったです。そして、「シリアル」って曲に謝りたい気分でした。

先生:『コスゼロ』のDVDを知人に半強制的に見せてもらったのですが、手作り感に溢れていました(笑)。

tetsu:あれは、ちょっと・・・って言いたくなります(笑)。しかも、短くてお値段がいい(笑)。確か4000円ぐらいしなかったですっけ。ガチヲタじゃないと複数枚買いできねぇよ(笑)みたいな。「ラブロボボ」PVも、PVというか・・・残念感は否めない感じで・・・

先生:複数枚買いできるかで、値段を判断するんですね(苦笑)。その後の2枚のシングルは、ちょっとテクノ度が落ちた感じで、個人的には惜しいなと思ったのですが、tetsuさん的にはどうだったのでしょうか? 僕はライヴを見たことがなく、テクノ度だけの偏った評価してしまっているので、違った意見もあると思います。

tetsu:テクノポップにロックテイストを盛り込んだ曲をやるって言っているのに、2枚目ぐらいの時にテクノ度が落ちて何がやりたいんだろうとか思ったものですけど、セールスを考えるとしょうがない気はします。

地下アイドルヲタとして気になるのは2ndシングル『キラメキ★ワンピース』です。コスロボの曲の中でも、一番と言っていいぐらいに盛り上がれる曲で、ライヴのラストによくやる曲です。2008年に解散したリトルレンズの「one piece」を歌詞とアレンジを変えてリメイクしたものなんですが、もともとの歌詞が、この時のリトルレンズの稲村美穂にしか書けない、ものすごいリアルな歌詞なんです。

先生:えー、コスロボ曲にリメイクがあるとは知りませんでした。しかも、リトルレンズって知らないし。

tetsu:リトルレンズのファンではなかったけれども、たまにしかやらないこの曲は結構好きでした(たぶん2回か3回しか聞いたことないです)。それだけに、はじめてコスロボの「キラメキ★ワンピース」聴いた時、僕の中での拒否感は強かったです。確か振付まで似ていましたしね。今は、「いい歌は歌い継がれるのだ」とか思って普通に盛り上がっていますけど。

先生:ライヴの動員力とかはどうなんですか?

tetsu:ワンマンだと表参道Fabとか渋谷O-WESTをそこそこ埋めちゃう位には人が来ます。300人位ですかね? 解散ライヴの原宿ASTROも埋まるんじゃないでしょうか。

先生:3人のメンバーを見ていると、誰が誰か認識できていないのですが、ルックスからキリリとしたのっち系、コケティッシュなかしゆか系、人懐っこいあ〜ちゃん系といったPerfumeの3人のようなキャラ割なのかなぁ〜と勝手に思っているのですが・・・ 

tetsu:キャラ割としては、
きれいで元気でまとめ役「なっちゃん」
若くて歌が上手い「あむちゃん」
天然系「もっさん」
みたいな感じだと思います。私は、もっさんファンです。
先生!!!地下現場にも来て下さいよ(笑)!!
コスロボはもうすぐいなくなっちゃいますけど・・・

先生:2010年3月には4枚目のシングル『デジタル・LOVE』をリリースし、オリコンディリーで14位というのはかなりの健闘ですね。Daft Punkのカヴァーなのかと一瞬、期待しましたが、オリジナル。でも、テクノ度が戻って、タイトルもいいから久しぶりに買っちゃいました。
digitallove 

tetsu:
音的にも、結構良かったですよね。ランキング的にも、良かったにもかかわらず解散するんですよねぇ・・・

オリコンランキングについてですが、実際の売れ数とは違ってたくさんのバイアスがかかっています。あんまり信用しない方がいいです。地下アイドルのリリイべのメッカである石丸電機では、実売数より明らかにオリコン上の売れ数が少なくなるということが起きています。起こらないこともあるんですよねぇ。そこら辺の基準がわからない(笑)。

先生:では、次のテクノ系地下アイドルは誰にしましょう?

tetsu:小桃音まいさんはどうですか?

先生:では、勉強させて頂きます。

シリアルナンバー99
アーティスト:コスメティックロボット
販売元:シリアルナンバー99
発売日:2008-11-05
クチコミを見る
キラメキ★ワンピースキラメキ★ワンピース
アーティスト:コスメティックロボット
販売元:cheer-music
発売日:2009-04-29
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
メタリックドール
アーティスト:コスメティックロボット
販売元:cheer-music
発売日:2009-09-23
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
デジタル・LOVE
アーティスト:コスメティックロボット
販売元:am music
発売日:2010-03-03
クチコミを見る
コスゼロ [DVD]
出演:コスメティックロボット
販売元:コスゼロ
発売日:2008-10-22
クチコミを見る

7月 18日

【アイドル対談】地下アイドルとは?

(四方)先生:今回からシリーズとして、僕もイベントでよく遭遇するアイドルDJとしてE3!!!などで活躍されているHyper_tetsuさんに登場して頂きたいと思います。一部テクノアイドルには詳しいですが、僕はこの分野全般についてはそれほど詳しくないので、いろいろ教えてください。

(Hyper_)tetsu:こちらこそ、よろしくお願いします。そこそこ知ってるのは歌うアイドルだけです。

先生:確かに・・・グラビアアイドルとかも居ますからね。

tetsu:私は推しはいますが広く浅く派で、音推しDDです。音がよければ誰でも大好きです(笑)。歌うアイドルでも、メイド系や声優系は弱いです。分かる範囲で答えますのでよろしくお願いします。

先生:先ずは自己紹介からお願いしましょう。音楽に目覚めたのは?

testu:中学校の頃、当時クラスの男子みんな聞いてたBOØWYに走らず、洋楽に走ったんですよね。GenesisというかPhil Collinsがめっちゃ好きでしたね。 それと同時に、ガールポップが大好きでした。今でも好きですが鈴木祥子ほんと好きでしたよ。結婚したときショックで泣きました。テクノに目覚めたのは、大学の頃、難波のRocketsで田中フミヤに出会ってからです。アイドルに目覚めたのは、モー娘。かな? Perfumeから地下世界に落ちてしまいました。

先生:やはり、Perfumeですか(笑)。アイドルというと、昔は大きな事務所に所属するアイドルしかいなかったのですが、今はメジャー系アイドルから地下アイドルまでいろいろいるみたいですね?

tetsu:2000年代、モーニング娘。さんが下火になって、一時期歌うアイドルが極端に減って、歌う人は地下に潜ることが多かったんですが、最近AKB48さんのブレイクをきっかけに、会えるアイドルをコンセプトにももいろクローバー、スマイレージ、東京女子流、アイドリング等、たくさんのアイドルが大手事務所からデビューしています。AKBさんがトップランナーであることは間違いないですが、やっといい流れができてきたと思います。

先生:なるほど。AKB48とかは一般常識程度しかしらないですが、確かに最近周期がまた回ってきた感じですね。

tetsu:やっぱ大きな事務所はすごいですよ。お金ありますよね。いろんな面で一流のプロがつく。作詞・作曲からダンスや舞台監督的な方までね。ただ、自分からの表現ではないのでメッセージ性とかは希薄になっちゃいますが、並のミュージシャンよりずっとライブでのトータルパフォーマンスが素晴らしいことをみんな気づくべきです。

地下アイドルもそれに近づこうとお金のない中頑張ってる。応援していきたいです。

先生:ライブアイドル、インディーズアイドルとかいう呼称もありますが、これらと地下アイドルはほぼ同義として使われているのでしょうか? ライブアイドルだと、メジャーの息がかかっている人達も含まれてしまうような気もしますが・・・

tetsu:厳密に言うと違うんでしょうけど、ほとんどボーダレスだと思いますよ。大手事務所でもいきなりメジャーレーベルからCDが出ることもありますが、インディーズで鍛え上げてからって事も多いです。地下アイドルでも大手事務所以上にレベル高いと思う人もいますしね。

先生:例えば?

testu:Feam、Chu☆Lips、d-trance、コスメティックロボット、小桃音まい・・・ 
音的なジャンルは違うけど、地下のトップどころはみんなほんと素晴らしいです。

8/7・8 とTOKYO IDOL FESTIVAL 2010が品川でありますが、純粋な地下アイドルの方々がどんなパフォーマンスを見せてくれるか凄く期待しています。

先生:その日程だと、サマソニやWORLD HAPPINESSと被りますね。昨今、音楽業界はCDの売り上げなどからも長期右肩下がり傾向にありますが、地下アイドルというのは、経済的に成り立つのでしょうか?

tetsu:生活は間違いなく売れないと成り立たないです。ただ、CDは出し易くなりましたよね。テクノロジーの進化といいますか、DTMソフトの進化によって、ほとんど机上で住むようになった。昔みたいにスタジオを何日も借り切ってとか、しなくてよくなった。テクノ系の地下アイドルが増えたのは、DTMの進化の影響が大きいです。今は、100万あれば1枚のまともなシングルが出来ちゃう。一枚1000円で1000枚売ればペイできる。作詞・作曲・アレンジ・マスタリングまで自分とこで賄えると自分たちの月給ぐらいでもいける。ほんとイイ時代になりました。

先生:地下アイドルの場合、どのくらいの集客力があるのでしょうね?

tetsu:ほんと、ピンキリです。トップクラスの地下アイドルのワンマンライブなら300人くらいは来ると思います。最地下のイベントとかに行くと、逆に10人もいないイベントもあったりします。場末感がたまんなくて、たまーに行きたくなります。

先生:なるほど。じゃ、次回よりテクノポップの影響が強い地下アイドルについて、具体的に聞いて行きたいと思います。
プロフィール

shikata

hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 4割の東ドイツ人が歌えるニナ・ハーゲンの国民的歌謡
  • 4割の東ドイツ人が歌えるニナ・ハーゲンの国民的歌謡
  • チェコスロバキアで最初にロックレゲエを歌ったニューウェイヴ歌姫
  • 魚雷テクノ?ゲーム音楽とテクノポップの親密な関係
  • ポーランド発クラシカルテクノポップ・デュオ
  • ディスコ狂のソビエト女王、オリガ・ヴァスカニヤーンからメールが来た!
  • ディスコ狂のソビエト女王、オリガ・ヴァスカニヤーンからメールが来た!
  • Franek Kimonoの黒幕による70年代ポーランドの電子ファンク!
  • Franek Kimonoの黒幕による70年代ポーランドの電子ファンク!
  • 東ドイツにもあったクリスチャン・シンセポップ
  • 東ドイツのエレクトロポップ・オムニバス盤のジャケが素敵
  • 東ドイツのエレクトロポップ・オムニバス盤のジャケが素敵
  • 東ドイツのエレクトロポップ・オムニバス盤のジャケが素敵
  • 遅咲きテクノおじさんが放つ「私は日本のシンセサイザー」
  • 間違った感じのハンガリー産テクノポップ
  • 田舎のディスコポロ対決! ソープ vs. エリツィン
  • 田舎のディスコポロ対決! ソープ vs. エリツィン
  • チェコスロバキアの脱力系テクノポップ
  • チェコスロバキアの脱力系テクノポップ
  • 東ドイツにいたロバート・パーマーみたいな奴
  • 東ドイツにいたロバート・パーマーみたいな奴
  • チェコスロバキア発近未来ドラマ「訪問者」がかっこいい!
  • チェコスロバキアの少女ハイジはスキャンダル!
  • チェコスロバキアの少女ハイジはスキャンダル!
  • チェコスロバキアの少女ハイジはスキャンダル!
  • チェコスロバキアの少女ハイジはスキャンダル!
  • ショパンの生誕地に住む電子音楽家
  • ショパンの生誕地に住む電子音楽家
  • ショパンの生誕地に住む電子音楽家
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • ハチマキ姿でベティ・デイビスの瞳
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • こんなにあるぞ、世界の秘密警察!
  • クラフトワークをカヴァーしたディスコポロ界のテクノポップ博士!
  • クラフトワークをカヴァーしたディスコポロ界のテクノポップ博士!
  • 手癖がぬけないオストロックのニューウェイヴ
  • 手癖がぬけないオストロックのニューウェイヴ
  • 2006年に来日した少女デュオのお父さんがいたバンド
  • 2006年に来日した少女デュオのお父さんがいたバンド
  • ハンガリーの重鎮歌姫の放ったジョルジオ・モロダー風テクノポップ
  • 英国の香りがするスロバックポップ
  • 英国の香りがするスロバックポップ
  • 懐かしのマレットさん!
  • 懐かしのマレットさん!
  • 憧れの(?)ディズニーランド!
  • 憧れの(?)ディズニーランド!
  • 魅惑の東欧ディスコ!
  • 魅惑の東欧ディスコ!
  • 魅惑の東欧ディスコ!
  • 地下鉄でディスコ!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
 
南 樹里の“映画評マニエラ”
 
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード