四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

相対性理論

1月 26日

初期の相対性理論の曲に80年代の郷愁をふりかけて、ガーリィに味付けしたら

1月20日の初春音演会の話を続けます。 事前に何も知らずに行ったのですが、 もう一つの収穫は、タルトタタンです。メンバーは、亀高綾乃ちゃんと有井優ちゃんの二人。プロデュースは、相対性理論の元メンバーだった西浦謙助と真部脩一によるアゼル&バイジャン。

やはり一押しの曲は、「しょうがないマイラブ」。初期の相対性理論の曲に80年代の郷愁をふりかけて、ガーリィに味付けしたら、きっとこんな感じになるのでは。何度も聴いている内に、中毒性になっている自分に気づきます。



アルバム『テトラッド』のラスト曲「epoch making love」も渋いですね。epoch-makingなloveという意味だと思うんですが、歌い方は、epochで一度止めて、making loveと歌うところが気持ちいい。

テトラッド(通常盤)テトラッド(通常盤)
アーティスト:タルトタタン
販売元:EMISSION ENTERTAINMENT
(2012-06-06)
販売元:Amazon.co.jp


しょうがないマイラブ [7inch Analog]しょうがないマイラブ [7inch Analog]
アーティスト:タルトタタン
販売元:EMISSION ENTERTAINMENT
(2012-05-25)
販売元:Amazon.co.jp


相対性理論以降のポップみたいなカテゴリーがありますが、これって、あまり他の国に比較できる音楽が見当たらない。日本でしか理解されないタイプのものなのか、日本人の独自性として他の国の人たちにも認められるのか・・・前者である事を望みます。

タルトタタン
4月 27日

さしすせ相対性理論

相対性理論の『シンクロニシィテーン』は予想通りに売れています。前作『ハイファイ白書』がオリコン7位だったのに対し、今回は3位。それ以上に驚くのが、相対性理論、特にやくしまるえつこのモテぶり。

『ハイファイ新書』以降、相対性理論の課外活動は、時系列にざっとこんな感じ・・・

oyasumiparadoxやくしまるえつこ『おやすみパラドックス』

ourmusic相対性理論+渋谷慶一郎『アワー ミュージック』

blu-dayやくしまるえつことd.v.d『Blu-Day』


今後のリリースは・・・
kamisamanoiutooriいしわたり淳治&砂原良徳+やくしまるえつこ『神様のいうとおり』

やくしまるえつこ『ヴィーナスとジーザス』
kokuhakuやくしまるえつこ&永井聖一「The Meeting Place」(サントラ『告白』)

相対性理論と大谷能生 映画「乱暴と待機」の主題歌(リリース未定)

この現象は、売れるバンドになった事もあるでしょうが、やはり他のミュージシャンが一緒にやりたくなる何かがあるんでしょう。課外活動も悪くないのですが、やはり相対性理論を聴きたいと思っていた人達も多いでしょう。やくしまるえつこのウィスパー・ヴォイスは確かにどれもアンニュイで魅力的です。でも、純粋に相対性理論にならないと、あの脱力感は感じられない。

synchroniciteen『シンクロニシィテーン』には初期衝動的な驚きはないのですが、聴いている内にジンワリと中毒症状が起こってきます。どの曲にも存在感があります。PVも制作されている「ミス・パラレルワールド」は、「バーモント・キッス」などにも繋がる壮大な世界と矮小な日常が交差する世界観がありますね。しかし、それ以上に脳内ループしてしまうのが、“あかさたな”攻めの「マイハートハードピンチ」。




以前のAll Aboutの記事で12ページにわたって、4人で相対性理論について語りましたが、言葉とサウンドの両方から伝わる“やる気のなさそうな萌え”の要素って大事じゃないかと思うんです。萌えっていう言葉、固定したイメージが出来ちゃっていて、僕もどちらかというと抵抗があるので、敢えて翻訳すれば、“熱くならないロマンチシズム”。

タワレコ特典として付いてきたマリーゴールドの種を植えましたが、ちゃんと咲くのかな?
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード