四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

神戸テクミー

12月 27日

EAM2010ライヴ写真レポ

12月23日、前日に告知しましたEAM2010に行って来ました。神戸北野のmini studioが主催となる本イベント、今回が第一回となります。

eam2010


場所は、京橋のベロニカ。大阪の京橋というとどちらかと言えば、庶民的な風情が漂います。しかし、ベロニカは80年代のバブルの面影も感じるゴージャスなハコ。ハコと言うより、キャバレーっぽい。

beronica


盛り沢山なゲストを迎えた長丁場のイベントでしたから、年長者への配慮という訳ではないでしょうが、立見ではなく着席できたのが、有り難かった。では、写真を追いながらライヴレポートします。

何故か入り口にいる二人。A.C.E.かと思った(笑)。

nise-ace


以前、神戸テクミーにも来てくれたNaganoさん率いるニューウェイヴ・バンド、The FLICKS。

flicks


DJぎゃとしても知られる遊女ハルキヤさんは、沢尻エリカになりきり、ステージをのた打ち回っていた・・・お陰でちゃんと写真撮れなかった(ごめん)。

haruhiya


保山ひャン(元モダンチョキチョキズ)は、何故かYMOの「Rydeen」を笛で生演奏!

hozan


アニソン界のゴシック女王コンビ、MONALINAでございますわ。

monalina


テクノポップとトランペットの融合を図る瀬戸一成さん。いつも元気いっぱい! バックは次に登場のわをん。

seto


わをんによるウッドベース、クラリネット、アコーディオン、テルミン、のこぎり(2種類)の生演奏。楽器としてののこぎりの素晴らしさを初体験。

wawon


僕が大好きなバンド、ショコラータのキーボーディストだった渡辺蕗子さんのソロライヴ。ショコラータ・ナンバーにガムランのクリスマスソングなどを堪能。

watanabe


会場であった時は、かなり出来上がっていた松前公高さん。それでもライヴができる松前さんは凄い。

matsumae


安井さんは数日前まで風邪で不調だったけど、復活。この日のA.C.E.は、ステージで挑発的だった!

ace


おかげで、盛り上がった。

ace2


何故か、A.C.E.風のニューウェイヴ眼鏡着用のぶどう÷グレープのくみんこちゃん。A.C.E.とコラボしてほしい。

budogrape


この日は、ぶどう÷グレープに男性陣は、松前さんとライヴ前に京橋で飲みに行ってしまう。当然、ライヴトークのネタとなる。

budogrape2


この日のライヴのトリとなったミンカ・パノピカは熱かった! エイジさんはアイドル。

minka


他、DJタイム(tsumamiさん、noriさん、チーム・メルヘソ、hondatronさん、小西健司さん)も交えて、4時過ぎから始まったEAM2010は10時過ぎに無事に終了。ぜひ、関西の恒例クリスマス・イベントとして来年もやってください。
12月 22日

神戸テクミーに来てくれたunaiちゃんのBossabient

12月18日に毎月恒例の神戸テクノポップ・ミーティング(テクミー)がありました。今回は33のオカノアキラさんとトークをしてまいりました。オカノさんのお陰で、結構面白かったようです。

ちなみにオカノさんは、2011年1月10日に「OKANO AKIRA NEW YEAR ROCK FESTIVAL」を梅田シャングリラで行います。安井さんのA.C.E.も登場します。自分の名前が付いたフェスをするとは、凄いオカノさん。フライヤーの写真がやけにかっこいいオカノさん。

okanoakira


もうひとつライヴ告知ですが、明日は、京橋ベロニカで「ministudio creative presents“EAM2010”イーム音楽祭2010」。ministudioとはテクミーが行われている安井さんのスタジオです。

当然、A.C.E.も出ますが、渡辺蕗子(ex.Cioccolata) 、ぶどう÷グレープ、松前公高、保山ひゃん(ex.モダンチョキチョキズ) 、ミンカ・パノピカ、わをん、瀬戸一成、遊女ハルキヤ(a.k.a.DJぎゃ)、TheFLICKS、MONALINA、Mine、Unyo303と盛りだくさんなラインナップです!ライヴレポも予定しています。

そのテクミーにも参加していただいた方を今日は紹介します。unaiさんです。unaiさんを連れてきた瀬戸一成さんは、以前アルバム『ブラックでいこう』を紹介した、テクノポップとトランペットの融合を図る希少なトランペッターです。

unaiさんが持ってきてくれたのは彼女の2008年リリースのライヴアルバム『bossabient-live at sunhall』。

bossabient01. this quiet place
02. yukue
03. pygmy's grave
04. rhythm
05. everything I know
06. headphones
07. 落下
08. polka dots and sparks
09. kilt
10. 砂の上の娘

タイトルにBassabientとあるようにBossaとAmbientの融合。これはありそうで、なかった組み合わせ。unaiさんの甘いヴォーカルにギター、トランペット、テルミンが不思議な調和をしています。もちろん、トランペットには瀬戸さんも参加。
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード