四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

Chillwave

9月 2日

完璧な日本語のNYブルックリン発エレクトロポップ

以前、ミニ・チルウェイヴ特集みたいな感じでアメリカを中心にいくつかのバンドを紹介しましたが、その中でもひと際光っていたのが、Chairlift。facebookでMatsumiさんからこのクリップを教えてもらって、見た所、ビックリ!



「I Belong In Your Arms」は、アルバム『Something』(2012年)に既に収録されている、日本語ヴァージョン「あなたの腕で抱かれたい」なのですが、これが半端でない。所謂、Police、Beach Boysなど外国人が歌う日本語ソング(全曲および部分的に)は、数多くありますが、やはり付け焼き的なもの。これを歌っているCaroline Polachekちゃんの場合、なんの先入観も持たないで、クリップを見ないで聴いてみれば、日本人が歌っていると思ってしまいます。調べてみると、彼女は小さな頃(いつ頃で何年くらいかは不明)、日本に住んでいたようです。とてもお綺麗なのですが、どこかエキセントリックな魅力があります。ナチュラルな脇の下にも主張を感じます。ISH PICKで掲載されたステージ衣装(?)も凄い!

歌詞の日本語訳は、Juri Onukiというクレジットがあります。多分、この方ではないかと推測しています。

なお、この曲は、9月12日発売のChairliftの『SOMETHING - SPECIAL JAPAN EDITION』にも収録されます。

SOMETHING - SPECIAL JAPAN EDITIONSOMETHING - SPECIAL JAPAN EDITION
アーティスト:CHAIRLIFT
販売元:YOUNG TURKS/OCTAVE-LAB
(2012-09-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


7インチ盤のジャケも素敵!

ibelongtoyourarms7


I Belong in Your Arms (Japanese Version) - Something
3月 24日

iPodのCMで使われたChairlift

前回紹介したWashed Outの「You and I」でゲストヴォーカルとして参加したのは、Caroline Polachek。それって誰って感じでしょうが、彼女とPatrick Wimberly(もう一人いましたが、既に脱退)のグループが、NYブルックリン出身のChairlift。

彼らの「Bruises」(アルバム『Does You Inspire You』に収録)は、iPod nanoのCMでも使われ、こで一気に知名度が上がりました。 過去、スウェーデンのCaesarsの「Jerk It Out」、Daft Punkの「Technologic」やrinoceroseの「Cubicle」なども使われました。

この曲は、Passion Pitのリミックス版もあります。



また、ChairliftもPassion Pitの「To Kingdom Come」でリミックス返しをしています。他にも、Phoenixの「Fences」のリミックスもしています。

こちらは、最新アルバム『Something』からの「Amanaemonesia」。チルウェイヴ系とされるChairliftですが、Passion Pitともに限りなく今のエレクトロポップだと感じます。踊っているのは、Carolineちゃんのようですが、PVはタイツファンにもおススメ(笑)。同アルバム収録の「Wrong Opinion」もストライク!



SomethingSomething
アーティスト:Chairlift
販売元:Columbia / Dmz
(2012-01-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ダズ・ユー・インスパイア・ユー(期間生産限定盤)ダズ・ユー・インスパイア・ユー(期間生産限定盤)
アーティスト:チェアリフト
販売元:SMJ
(2009-10-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Chairlift
3月 21日

Washed Out〜エアロピお姉さんをスパッツを見て思う事

Washed Outを初めて聴いたのは、『Kitsune Maison Compilation 9: The Cotton Issue』に収録されていた「Belong」。現在では、チルウェイヴの代表選手的存在のWashed Outです。その頃はそんなジャンル用語もまだ一般的ではなかったですが、なんだか耳に残る曲でした。PVでは、それほどダンストラックでもない曲にあわせてスパッツをはいたエアロビお姉さんが脱力感たっぷりに踊っています。



Kitsune Maison Compilation Vol. 9Kitsune Maison Compilation Vol. 9
アーティスト:Kitsune Maison
販売元:Kitsune
(2010-04-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


エレクトロポップがスパッツだとしたら、チルウェイヴはレギンスみたいなもんでしょう。スパッツは80年代に流行りましたが、基本的に同じものが名前を変えることでファッション性をもち、現在レギンスとして復刻されています。チルウェイヴにもそれに近いものを感じます。あえて言えば、チルウェイヴはよりドリーミーでちょっとサイケデリック。4ADのCocteau Twinsなどのドリームポップ系の雰囲気があります。

Washed Outは、本国アメリカでもそこそこの成功を納め、最新アルバム『Within and Without』(2011年)は26位まで行きました。こちらは、シングルもリリースされている「Eyes Be Closed」。



ウィズイン・アンド・ウィズアウトウィズイン・アンド・ウィズアウト
アーティスト:ウォッシュト・アウト
販売元:よしもとアール・アンド・シー
(2011-07-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アモール・ファティアモール・ファティ
アーティスト:ウォッシュト・アウト
販売元:よしもとアール・アンド・シー
(2012-01-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Washed Out
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード