四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

Halloween

10月 26日

ハロウィンコスで活躍する着替スザンヌ

ハロウィンソングを集めるつもりでしたが、クリスマスソングのような訳には行きません。ドイツにハロウィンというのメタル系バンドがいますが、HalloweenではなくHelloween。これはHell(地獄)をもじったようです。映画関連のハロウィンソングもありますが、テクノポップのテーマとはかけ離れそうなものばっかり。

という事で、ハロウィンに似合う怪奇ディスコを紹介します。怪奇ディスコについてはAll Aboutの「超モンスターヒットを生んだ怪奇ディスコ」で詳細にレポートしましたが、タイトルにもあるように、Michael Jacksonの「Thriller」やピンク・レディーの「モンスター」などの文字通りモンスターヒット曲がありますが、Hot Bloodの「ソウル・ドラキュラ」もヨーロッパから波及して、日本でも42万枚を超えるヒットとなりました。

1976年のヒット(映像の制作は1977年のよう)でありながら、PVらしきものもあり、怪しい吸血鬼たちが踊っています。



monsterdisco柳の下のドジョウ的作品も乱発され、日本でも『怪奇ディスコ・サウンド決定盤(All The Hits Of Monster Disco Sounds)』(1976年)という怪奇ディスコ集がリリースされました。

ハロウィンパーティで吸血鬼は人気があるコスチュームなのかと調べてみました。「GoodLuck」というコスチューム&パーティグッズショップを見てみると、スザンヌちゃんが大々的にフィーチャリングされています。いや、ハロウィンだけでなく、「着替スザンヌ」としてコスの女王状態です。意外な所で、スザンヌちゃんは美味しい仕事をしています。

人気ハロウィンコスは女子の場合、悪魔、魔女あたりで吸血鬼(バンパイア)はこの店にはありませんでした。男子コスなら吸血鬼はあります。Michael Jacksonが結構あったのは、スリラー繋がりという事なんでしょうかね。
10月 25日

ハロウィン用Lady Gagaコス

久しぶりにLady Gaga様です。ハロウィンと言えば、コスチューム・パーティ。コスと言えば、Lady Gaga。Lady Gagaのハロウィンコスは売っているのかと調べたところ、Lady Gaga Official StoreにちゃんとHalloween Costumeのコーナーがあるじゃないですか! 値段は$50前後で小物なら$7~15くらいで買えます。ハロウィンコスと言っても、あくまでもLady Gagaコスですから、ハロウィンが終わっても他のパーティにも着用できます。どこまで需要があるかは貴女しだいですけど。なかなか商売上手のGaga様、T-シャツなども豊富に品ぞろえしており、アウトレットものなら$15で買えます。

Official Storeと同じものもありますが、BuyLadyGagaCostumes.comという通販ショップもあります。値段はOfficialよりも少し低めです。こちらの品ぞろえはYouTubeでも紹介されています。



アメリカでは遠すぎるという貴女、日本でも種類は限られますが、アカムスで買えます。パーティに間に合うかは判りませんが・・・ 自分で着るわけでもないのに、こんな事調べている自分に疑問を感じる今日この頃です。
10月 21日

Tommy heavenly6のハロウィン・ソング

もうすぐハロウィンですね。正式には、カトリックの諸聖人の日のイヴとなる10月31日となります。キリスト教の行事だと思っていたのですが、起源はケルト人が魔よけを行う収穫感謝祭で、キリスト教の国だから必ずしも行われる行事ではないようです。クリスマスソングやバレンタインにちなんだ曲は結構な数に及びますが、ハロウィン・ソングってなかなか思い浮かびませんね。そんなかわいそうなハロウィンのために、ハロウィンにちなんだ曲、及びハロウィンに似合う曲を紹介します。ただの怪奇系ソング特集になるかもしれませんが・・・

比較的最近の曲から行きましょう。テクノポップ的にはTommy february6の方なんですが、やはりハロウィンですから悪い子のTommy heavenly6の「Lollipop Candy BAD Girl」(2006年)を紹介します。トミヘヴとしての2ndアルバム『Heavy Starry Heavenly』(2007年)やベストアルバム『Gothic Melting Ice Cream's Darkness "Nightmare"』(2009年)にも収録されていますが、シングルには、10月31日に因んで、10分31秒に渡るヴァージョンが収録されています。長さ的にはプログレです。この曲に関しては、川瀬智子作品としてはベスト3に入れたいです。基本はハードロックですが、マーチとワルツを取り込んで展開して行く曲の構成は、10分という長さを見事に克服しています。

Lollipop Candy BAD girl (初回限定盤)(DVD付)Lollipop Candy BAD girl (初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:Tommy heavenly6
販売元:DefSTAR RECORDS
(2006-10-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Gothic Melting Ice Cream’s Darkness“Nightmare”(DVD付)Gothic Melting Ice Cream’s Darkness“Nightmare”(DVD付)
アーティスト:Tommy heavenly6
販売元:DefSTAR RECORDS(SME)(M)
(2009-02-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


PVもロングとショート・ヴァージョンがあり、川瀬智子さん自ら監督。もちろん、ハロウィンのトレードマークのかぼちゃ君(ジャックランタン)、魔女、妖精などが出てきますが、彼女らしい、アイスクリームやケーキやキャンディーなどのモチーフも使われています。イメージ的にはハロウィン映画としても有名な「The Nightmare Before Christmas」のTim Burtonの世界です。PVには後半部に、良い子でメガネっ子のトミフェブとも共演。

livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード