四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

KIWI

9月 10日

来日していたKiwi

さて、従来のモンゴルのイメージを見事にぶち破ってくれたKiwiの3人組ですが、海外での公演もしています。これは韓国に習って、モンゴルもポップの分野で世界進出を狙っているのでしょうか? 2007年にはロシアのイルクーツク(Иркутск)、韓国のソウル、そして東京にも来ています。
こちらはソウルでの公演の広告。
kiwiinseoul


これが証拠映像!


最後に比較的最近と思われる「Candy Girl」(2008年)を紹介しておきます。曲のコンセプトから来るのでしょうが、今までのと比べるとアイドル然としています。動きはテクノ(笑)。


どうやら、Kiwiは最近活動をしていないようで、ナムーナーとアルターは脱退して、ブロンドのウカのみになっているとの記事がありました。再起動して、もう一度来日してほしいものです。
9月 9日

Kiwiはセクシー路線だったり、純愛路線だったり

Kiwiの続きです。前回のデビュー・アルバム以降も、確認出来る限りその後2枚のアルバムを出しています。
『3 сэтгэл 1 хүсэл』(2008年)
kiwi2

『Хүсэл』(2009年)
kiwi3


キリル文字でしかもモンゴル語、なんのこっちゃらわからないですが、ジャケでも楽しんでください。

今回は2つのPVを対比してみましょう。

「Hojuu Uchral」は、エキゾチック・セクシーがコンセプトだと思われます。特にセクシー度に於いては、アラビアン・セクシーなナムーナーとジャパニーズ・セクシーなアルターが大奮闘。刀、刺青、風呂敷と日本アイテムも大活躍。


「Love Love Love」ではセクシーさは醸しだしつつも、純愛路線。3人の中ではアルターがいい。


9月 8日

蒙古版バイアグラ、Kiwi登場!

巷ではK-POPブームが続いていますが、モンゴリアンポップを紹介します。J-POP、C-POP(中華圏ポップ)、K-POPの次はM-POPだ・・・と言ってもいまいち実感が沸きませんね。具体例を紹介して行きますが、僕のイメージとしては、ロシアンポップとK-POPが融合したような。地理的に近い中国とはあまり共通点は見受けられません。

モンゴル語はさっぱり分かりませんが、もともとは縦書きのモンゴル文字で書かれていた言語です。その後、ソ連の支援で中国からモンゴル人民共和国として独立し、1930年代にはラテン文字表記をしようとした時期もありましたが、1940年代からロシア語と同じスラブ語系のキリル文字が採用されました。ソ連崩壊後、モンゴル国となってから、モンゴル文字復興を企てるものの、断念。現在は、従来のキリル文字と新しく制定したラテン文字表記も混在するという混沌とした状態です。なんだか大変そう。

今回紹介するのは、Kiwi(Киви)という女子3人組。現在のメンバーは、ロシア人とのハーフのウカ(Ука)、黒人とのハーフのナムーナー(Намуунаа)、純モンゴル人のアルター(Алтаа)という国際色豊かなでもモンゴル国籍のユニット。ハーフの二人が目立っていますので、一見モンゴルのユニットには見えません。2004年に結成され、2007年くらいから本格的に活動していますが、純モンゴル人はメンバー交代が激しく、現在4人目。デビュー・アルバムは、『Хүслээ хэлнэ』(2007年)。
kiwi1


僕が読める言語での整理された情報がないので、とにかく彼女達のPVを順不同で紹介して行きます。

結構インパクトの強い「Superstitious」は、まるで蒙古版バイアグラ(Виа Гра)と言いたくなる挑発的なPVのエレクトロディスコ。YouTubeのタイトルには「蒙古火辣三人美女混血組合」と中国語で説明が入っています。


曲によってサウンドの傾向は結構変化しますが、「Z Tone」は、えっ、これがモンゴルって思わせるロッキンエレクトロな曲。
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード