四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

Kerli

5月 15日

不思議の国のケルリ

ゴスロリ少女のバイブル的存在の『不思議の国のアリス』。2010年にティム・バートン(Tim Burton)監督により映画からされましたが、映画にインスパイアされたイメージ・サウンドトラック『Almost Alice』にも当然のごとく、ケルリ(Kerli)ちゃんは収録されています。
Almost AliceAlmost Alice
アーティスト:オムニバス
販売元:AMC
(2010-04-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


正直、このサントラ自体は寄せ集め感があって、それほど高く評価できないのですが(それでも、ビルボード5位)、ケルリちゃんの「Tea Party」は努力の跡が見られます。


他、このサントラにはTokio Hotelの「Strange」のゲスト・ヴォーカルとしても参加しています。

ティム・バートンもファンである日本のゴスロリ代表の黒色すみれも『Alice In The Underground』という映画をモチーフにしたアルバムを出していました。こちらの方が映画の世界観としてはを共有しているのではないかと思いました。
ALICE IN THE UNDER GROUNDALICE IN THE UNDER GROUND
アーティスト:黒色すみれ
販売元:黒色すみれ
(2010-05-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
5月 14日

老婆がだんだん若くなるPV

ケルリ(Kerli)ちゃん、エストニア出身だけあって、ここまで5枚のシングルは本国エストニアで1位になっています。2007年にEP『Kerli』をリリース後、2008年にアルバム『Love Is Dead』をリリースし、エストニアで1位、アメリカのビルボードで126位となり、エストニア出身アーティストとしては初のビルボード200位以内を記録しました。
Love Is DeadLove Is Dead
アーティスト:Kerli
販売元:Island
(2008-07-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アルバム『Love Is Dead』のジャケは、日本のゴスロリ少女にも受けそうな、ブライス系。日本のユニバーサル・ミュージックも「北国のレディー・ガガ!?」と紹介しています。でも、日本盤は出ていません。

このアルバムから2曲紹介しましょう。アルバム・タイトル曲でもある「Love Is Dead」のPVに登場するのは、年老いたケルリちゃん。こちらも2008年公開なのでどちらが先かわかりませんが、映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のようにだんだん若返って行きます。子供にまではなりませんけど・・・


一番注目を浴びたと思われる「Walking On Air」では、アルバムのジャケを実写したようなゴスロリ・ワールド。サウンド的にはビョーク(Bjork )風エレクトロニカですが、Tommy heavenly6に近い描写です。
5月 13日

エストニアからやって来た近未来型ゴスロリ少女

今回紹介するのは、ケルリ(Kerli)ちゃん。5000人程しか住んでいないエストニアの小さな町、エルヴァ(Elva)で生まれた現在24歳。まだ、生まれた時は、エストニアは独立しておらず、ソ連に属していましたが、当時の様子を彼女が語っています。「お金がなくてもクリエイティヴになれる」といい事を言っています。


彼女は、14歳の時、15歳が出場資格の最少年齢だった「Americal Idol」のバルト三国版「Baltic Song Contest Fizz Superstar」に年齢を偽って応募、そして優勝。それがデビューのきっかけとなるのですが、レーベルとの契約破棄などの問題もあり、ここまで来るのに紆余曲折がありました。

現在、KerliちゃんはIsland Def Jamとの契約し、アメリカを中心に活動していますが、彼女の最新シングルが『Army Of Love』。アメリカ・ビルボードのダンス・チャートでは見事に1位に輝いています。サウンドは、(古いですが)KC and the Sunshine Bandの「That's The Way」をエレクトロにしたみたい。PVのイメージからLADY GAGAみたいだとの意見もあるようですが、近未来型ゴスロリ少女(いや、おねえさんか?)として大成してほしいものです。
armyoflove

livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード