四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

MartinSolveig

11月 27日

ああ、いやらしぃ~

マーティン・ソルベグ(Martin Solveig)君の2006年のアルバム『ヘドニスト-快楽主義-(Hedonist)』から空耳ソングを紹介します。
ヘドニスト-快楽主義-ヘドニスト-快楽主義-
アーティスト:マーティン・ソルベグ
販売元:エイベックス・トラックス
(2006-12-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


リー・フィールズ(Lee Fields)をフィーチャリングした「Jealously」というタイトルの曲。聴いてみると、まるでジェームス・ブラウン(James Brown)のような曲。この人、ルックス的にももろジェームス・ブラウン。実際、ファンクの帝王、ジェームス・ブラウンのフォロワーとしてキャリアを始めたとのこと。


いちびって登場するマーティンは、リーからマイクを奪おうとしますが、取り押さえられます。で、聴いてもらえれば分かりますが、バックコーラスが歌う「Ahh, Jealousy」の部分が「ああ、いやらしぃ〜」にどうしても聴こえちゃいます。よって、邦題は空耳の通り。

11月 26日

マーティン・ソルベグとボブ・シングレアとのテニスマッチ

マーティン・ソルベグ(Martin Solveig)君の続きです。マーティンは、90年代から活動していますが、最新アルバム『Smash』で遂に勢いがついて来た様子で、Madonnaの新作のプロデューサーの一人としても見染められています。Madonnaはプロデューサーの趣味がいいですからね。

彼のアンセム的ナンバーと言えるのが、シングルとしてもヨーロッパ全土を中心にヒットした「Hello」。こちらも前回紹介した「Big In Japan」と同じく、Dragonetteとのコラボ。ポロシャツとヘッドバンドがユニフォーム化しているマーティンですが、PV(長編と短編がありますが、長編を紹介)ではフレンチDJの大御所、ボブ・シンクレア(Bob Sinclar)とのテニスマッチ。マーティンはボブに最初ボコボコされますが・・・さて、エンディングは??? これがなかなかストーリー仕立てになっていて、とぼけたマーティン君はいい味を出しています。


こちらは、「Hello」が使用されたTrident VitalityガムのCM。


HelloHello
アーティスト:Martin Solveig
販売元:Mercury
(2010-11-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
11月 24日

アイドリング!!!をフィーチャリングするフレンチハウスDJ

暫く、辺境に偏っていたので、このあたりでちょっと西欧を攻めてみます。今回紹介するのは、フランスのDJ、マーティン・ソルベグ(Martin Solveig)。フランスはひところまでトレンドの中心とは言い難い国でしたが、Daft Punkやフレンチタッチ(なつかしい響き)以降、ハウス〜エレクトロはもうお国芸ですね。

同じフランスのデヴィッド・ゲッタ(David Guetta)と同じく、フィーチャリング大好きなマーティンですが、今回紹介するのもMartin Solveig & Dragonette feat. Idoling!!! 名義での「Big In Japan」。“Big In Japan”とは日本で人気があるけど本国ではそこまでは人気がなかったりするアーティスト。世界で売れる前のQueenやJapanやあまりフランス人が知らないクレモンティーヌとか(ちょっと次元が違いますが)。


Dragonette はカナダのエレクトロポップ・グループ。そして、Idoling!!!とは、日本のアイドル、アイドリング!!!です。個人的にはPerfumeをフィーチャリングして欲しかったけど、Perfumeではひねりがないし、AKB48では多すぎるし(ギャラも高いのかな)、アイドルリング!!!あたりが、マーティンの美的感覚としてはちょうどいい塩梅だったのかもしれません。このマーティン、なかなかとぼけたフランス人。憎めません。

スマッシュスマッシュ
アーティスト:マーティン・ソルベイグ
販売元:ケイエスアール
(2011-09-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード