四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

四方宏明の“音楽世界旅行” [共産テクノ部]

SOVIETECHNO:『共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル) 』の発売を記念して、共産テクノの動画を中心に紹介!

SallyShapiro

3月 17日

スウェーデン版Lady Gaga(?)はハートの女王

今までもエストニア版Lady Gagaとか同様のタイトルをつけた覚えがありますが、まぁ解りやすい比喩なので許してください。前回、紹介した サリー・シャピロ(Sally Shapiro)のプロデューサーの Johan Agebjornは、ソロとしても活動。

今まで4枚のアルバムをリリースしていますが、最新のアルバム『Casablanca Nights』(2011年)は、サリーちゃん等のゲストヴォーカルを迎えたエレクトロポップな作品。ここで「The Last Day Of Summer」を歌っているのが、Queen Of Hearts。Queen Of Heartsと言えば、「不思議の国のアリス」にいた意地悪な「ハートの女王」です。うん、出で立ちもハートの女王然としています。ほんとに意地悪かどうかは知りませんけど・・・



Casablanca NightsCasablanca Nights
アーティスト:Johan Agebjorn (Sally Shapiro)
販売元:Paper Bag
(2011-05-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Casablanca Nights - Johan Agebjorn

Queen Of Heartsはソロとしてミニアルバム『The Arrival』(2011年)をJohanのプロデュースでリリースしています。先日紹介したThe Sound Of Arrowsも参加しています。「Black Star」は、サウンド的にはShrillexがミックスしたLady Gagaみたいな。PVは、Katy Perryの「E.T.」に似ているという意見もあります。



thearrivalThe Arrival - EP - Queen of Hearts
3月 13日

スウェーデッシュ・イタロディスコ・ガール

サリー・シャピロ(Sally Shapiro)を知った時、スウェーデン人だとは思いませんでした。響きがスウェーデンっぽくない。調べてみると、ユダヤ人系の名前だそうです。でも、この名前は芸名で、本名は未公開。

Johan Agebjorn(ヨハン・アゲビヨルンって読むの??)のプロデュースでアルバム『Disco Romance』(2006年)にデビュー。

Disco RomanceDisco Romance
販売元:Orchard
(2007-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


PVにもなった「Hold Me So Tight」は、脱力系イタロディスコ。サリーちゃん、決して歌唱力がある人ではないのですが、フレンチウィスパーに近い味があります(笑)。



クリスマスソング「Anorak Christmas」という曲もありますが、フレンチエレクトロ系ValerieのAnoraakの「Don’t Be Afraid」という曲でゲストヴォーカルとして参加したのは、偶然だと思いますけど。

セカンド・アルバム『My Guilty Pleasure』(2009年)では、イタロディスコ路線からより本来のスウェーデッシュな趣に移行しています。

My Guilty PleasureMy Guilty Pleasure
アーティスト:Sally Shapiro
販売元:Permanent Vacation
(2009-08-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


こちらは、「Miracle」のPV。何故かサリーちゃんは登場せず、ヘッドフォンをつけた中国人らしきカップルを起用。

livedoor プロフィール
hiroaki4kataをフォローしましょう
Hiroaki Shikata


四方宏明
テクノポップを中心としたレコード蒐集癖からPOP ACADEMYを1997年になんとなく設立。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドを担当してます。Twitterで更新のお知らせ中。

記事検索
ギャラリー
  • 「ソ連カルカル7」にて共産歌姫特集をやってきました
  • スポーツテクノを極める国宝級ポーランドのオッサン
  • ソ連カルカルを振り返って……
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアン・ディスコグルーヴがかっこいい!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • リトアニアの”教授”が放ったスペースディスコ!
  • GO EastBam!  ソ連ではDJでなくTJだった!
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 真打!ソ連における地下テクノポップの開拓者
  • 見かけによらず…白ロシアにもスポーツテクノが!
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ウクライナのサッカーチームの賛歌を残したテクノポップ・バンド
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • ソ連版Depeche Modeとロシアン・ウィスパー
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • 元国営レーベルも認めたアルゼンチンよりスポーツテクノの継承者現る!
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ハチマキ女子はエストニアにもいた
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • ソ連は意外とレゲエが好き、Kraftwerkのレゲエ・カヴァー
  • アムステルダムでOMFOさんと共産テクノについて話しました
  • DOMMUNE「共産テクノSP」でノックアウトされたYa Maha!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • 共産主婦はスポーツテクノでエアロビクス!
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • Frank Zappaにも認められ、Brian Enoとコラボをした、ソ連のKraftwerk
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • ロシア語が学べる役にたつ共産テクノ
  • 白人だけですが、共産2トーンな人たち
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 火星出身と言い張る、早すぎたLady Gaga
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • 早すぎたチルウェイヴ、そしてムネオハウス的政治テクノ
  • あの頃、ソ連でもマレットヘアが流行っていた
  • ソ連でも歌姫は髪を逆立てて、ニューウェイヴ化していた
  • ロシアで「ソ連時代のテクノポップを調べている」というと怪訝な顔をされた
  • ソフトロック、ハードロック…そしてテクノと変わり身の早いおじさん
  • 「百万本のバラ」を歌った女王は、テクノ歌謡化し、スウェーデンで1位に!
  • ウズベクのファンキーおばちゃんは最強です!
  • 2トラック録音機だけで作り上げたロボット・テクノポップ
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 映画『エレクトロ・モスクワ』にも登場したソ連製シンセ、ポリヴォクス
  • 米ソ友好ソングを放ったツェントルのリーダー
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • ナナイ族が生んだコーラ・ベルドィが放つ口琴テクノ
  • 『第三惑星の秘密』からのスペースエイジポップ
  • 『惑星ソラリス』でも使われたバカでかいシンセサイザー、ANS
  • ガガーリンもファンだったミシェーリン楽団は、舟木一夫をカヴァー!
Twitter
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード